2015.02.20更新

 2015年2月某日「そこのみにて光輝く」鑑賞 AA
 日本アカデミー賞最優秀女優賞候補の池脇地鶴が出ている。
 これまた変わった映画だった。
 原作は佐藤泰志(1990年自殺)で第2回三島由紀夫候補にもなった。
 主人公達夫(綾野剛)は無為な生活の一環としてのパチンコ屋通いで、ライターを貸した拓児(管田将暉)の誘いでパチンコ屋を出たその足で拓児の家に行く。
 家は浜辺に建つあばら家で、そこにはとんでもない家族が画面からもわかるような臭気の立つ息苦しい空間にひしめいていた。
 拓児は酔っぱらってケンカ相手を刺して刑務所から仮釈放中、頭も弱いがいいやつ。
 姉の千夏(池脇千鶴)は週3回の塩辛工場での働きでは家族を養えないので街のスナックで売春をする、意地っ張りだが実はかわいい性格。
 父と母の出番は、脳こうそくで身体が動かなくなったが性欲だけは強い父の性欲を満たす母という関係。
 拓児が仕事で世話になる中島(高橋和也)は千夏を愛人にして、別れたがる千夏に「お前の弟の保護観察人への報告は俺がしているんだぞ」と脅す史上最悪のキャラ。
 そんなどうしようもない人間がどうしようもないドラマを繰り広げる。
 どこに「そこのみにて光輝く」のだろうか?

 原作では、早々と達夫と千夏は結婚してナオという女の子を産んでいる。
 映画では、山での発破作業で部下を死なした達夫が街にやって来て住みつき、そこで知り合った拓児が山の仕事に就きたがるストーリーであったが、原作では山の仕事をやっている男を拓児が見つけてきて達夫がそれに乗っていくストーリーになっている。
 映画と原作の関係はこうも違っても面白い。
 映画を先に観るべきか、原作を先に読むべきか

投稿者: 税理士法人SETACS

2015.02.16更新

 2105年2月某日「0.5m」 AA(最高はAAA)
 日本アカデミー賞最優秀女優賞候補作。
 老人の介護をやっていたサワ(安藤サクラ)が、その介護先の老人の娘から、父が死ぬ間際に添え寝をしてやってくれと頼まれる。「お金はいっぱいあげるから」と言われ。
 その日に添え値をしてしばらくすると、老人が布団の上で襲い掛かってきて争っているときにストーブの火が毛布に燃え移り家は火事に、あわてて1階に降りると娘は首をつっていて、その子供(大学生くらいの男)が無表情でそれを見ている。
 サワは勤め先の寮を追い出され、仕事もなくなり放浪して、老人を捕まえてはカラオケやご飯をおごってもらい、果てはアホの坂田の家に住み着く。
 アホの坂田がサワに車を譲って老人ホームに入ると、次は元大学教授の津川雅彦がエロ本を万引きしようとするところを見て、脅して、無理やり家に住み着く。
 そこをまた追い出されると、最初に火事になった家の子供を街で見かけて、その家に押しかけてその子供の実の父親である江本明の家に住み着く。
 そして、大学生くらいの男の子と思われてた子は、、、、
 といった、破天荒な作品。
 安藤サクラはいいな、身体全体を使って演技をする。
 老人が何かをやってる時に腰をぐいとまげて覗き込む感じが実にいい。
 それと映画全体に出てくる料理のどれもが素朴感ありながらも美味しそうで、すべて食べたくなった、糖質制限ダイエットをやっている身には辛かった。
 上映後、安藤サクラと実姉の監督安藤桃子が対談。
 監督は臨月のおなかを抱え今にも産まれそうだったが「けらけら」と笑いながら話をしていた。
 映画でない普通のサクラは天然系のキャラでかわいらしいことがわかった、このトークがなければ変な女という印象のみで映画館を後にしたと思う
 サクラのこれからの破天荒演技ぶりを期待する。

投稿者: 税理士法人SETACS

2014.11.25更新

たくとブログです。

よろしくお願いします。

投稿者: 税理士法人SETACS

2010.12.03更新

寄り添う、楓と銀杏

  嵐山渓谷は、池袋から東武東上線で小川朝方面に向かうと、森林公園駅の次の次にある武蔵嵐山駅から歩いて1時間ほどのところにあります。
 途中、太平山という小さな山を20分くらいで登り(山頂まで)向こう側に20分かけて降りると川沿いに紅葉が広がります。
 川を渡るときに強欲な橋の持ち主が出てきて、「これはおれの架けた橋だから一人300円支払え」というのには「本当にこの男の橋なのか」「だませれてはないか」の疑問がわきあがりましたが、そこは大人、我慢して支払いました。
 渓谷を出て、少し歩くと楓と銀杏が寄り添うように立っていて、私が見たのが恥ずかしいのか赤くなったり黄色くなっていました。

投稿者: 税理士法人SETACS

2010.11.04更新

 1.日本橋高層ビルの秘密

 今、日本橋三越の周りでは、昔からあった45階のビルが次々と壊されて、新しいビル群へと街の姿が変化しつつあります。

 マンダリンオリエンタル東京が日本橋三越の並びに数年前に建設されたのを皮切りに、今月末には、その向かいにコレド室町がオープンして、その隣の刃物の木屋の一画も工事が始まっています。

 高層ビルを建てるときに問題になるのが「容積率」で、敷地面積×「容積率」がビル全体の延床面積の限界になるので、この容積率によりビルが建てられる階数が決まってきます。

 しかしビルを建てる施主はなるべく高く建てたほうが目立つし、買収した所でもともと商売をやっていた人たちのお店も確保しなくてはならないし、階数利用の面からも20階よりは30階、30階よりは40階のビルを建てたいというのが人情いや重大な経営問題でしょう。

 そうなると恨めしいのがこの「容積率」で、敷地面積は買収した広さでこれ以上拡げられません。

 そこで考えられたのが「容積利用権の譲渡」で、近隣のほかのビルの容積率の未利用部分を買って、目一杯の容積率によりより高いビルを建てようということです。

 台東区NO1の高層ビルになる超耐震といわれる浅草タワーもこの方法で容積率を譲受け建てられました。そうなるとマンダリンもコレドも三井不動産がオーナーであること、しかも隣に重要文化財の指定を受けてこれ以上増築などをしてはいけない低層ビルである三井住友銀行があります。

 どうやらこの辺のスキームでこれらの高層ビルは、東京を見晴らす景観も空の風もゲットしたようです。

 これからは高層ビルの上の方の階に行ったときは、周りの低層ビルのプレゼントにより私もこんな高いところでご飯を食べているんだななどと思いながらナイフとフォークを動かすのも一興でしょう。

 

2.恐るべき一人キャバクラ

 友人Hは、中学時代は一緒にその辺をぶらぶらと遊んでいたはずなのですが、なぜか勉強がよくできて開成高校から慶応大学という他の親から見るとよだれが出るほどの学生時代を過ごし、十数年前に父親を亡くした後は、母親の生活をずっと見てきて、そのせいだかモテないのだかわかりませんが独身を通し、先日残念ながらそのお母さんは亡くなり、彼はお母さんのご飯を作ることもなくなりました。

 そんなキャバクラが大好きな彼が、みんなと飲んだ後に一人でふと新宿の歌舞伎町をフラリとしながら客引きにひかれるままにとあるキャバクラに入ってしましました。

 後になって気が付くと何かしらの「薬」を盛られていたのですが、入店の記憶も定かでないまま「はっ」と気が付くと、寒い夜の路上に転がっていて、時間はと見ると朝の4時半で、バックも当然ながら財布もすべてなくなっていました。かろうじてズボンのポケットに残っていた携帯電話で全てのカードの使用を止めて、朝を待ち銀行通帳の残高を調べると、なんと30万円がおろされています。

 すぐさま警察に駆け込み調べてもらうと、歌舞伎町内のコンビニエンスでおろされていることが分かり、警官同行でそのコンビニへ行き防犯ビデオを見ると、再び「なんと」「なんと」、自分がATMを操作しておろして女に渡しているところが映っています、もちろんこれも記憶になりません。

 何か、人の言うことを無意識のままに従ってしまうようなバナナフィッシュのような危険な薬をお酒に混ぜられ、命令され、お金を引き出し、恐るべきキャバ嬢に渡してしまったのでしょう。

 警官も「自分でおろしているのならしょうがないですね」と言って帰ってしまいました。

 恐るべきは「一人キャバクラ」ですね・・・そ、そういう問題じゃないか、気を付けましょう。

 

3. 二宮金次郎の薪の秘密

 神田の事務所の周りの小中学校が次々と廃校になり、その校庭では、心なしか悲しそうな顔で重そうな薪を背負った二宮金次郎さんが中国の科挙試験にも出てくる「大学」を読んでいます。

 その二宮さんは、実は「節約」や「努力」の人だけではなかったことが、猪瀬直樹(テレビに出ているときはいつも不愉快そうな顔をしているひとです)さんの本に書いてあります。

 二宮金次郎は、25歳の時に箱根の薪山を買い、薪を切り出して売って3年間で元の資金を5倍にし、その稼いだお金を友達に貸して利息を取り、資産運用のために田畑を買い足し、二宮個人は①不動産所有者②金貸し業、そして自らが③労働者となります。

 こうなったら、現代の日本人ももう不況だ円高だと言っている場合じゃないですね、校庭でさみしく本を読んでいる場合でもないですね、がんばろうニッポン。

 

4.マムシ酒は飲めるのか

 奄美大島を大雨と季節外れの台風が襲い、被害の大きさに復旧が心配されています。

テレビを見ていると被害は普通の雨災害以外に、ハブ災害があるといいます。普段は山に住んでいるハブが雨による水の流れに乗って街に流されてくるというのです。

そこで思い出すのが、マムシ酒です。何を思い出すのかというと、そのマムシ酒の作り方に衝撃を受けたつらい過去を思い出します。

場所は忘れましたが、川沿いにある駐車場に車を止めて階段沿いに渓谷を降りていくと、観光客相手のお土産屋さんが数件並んでいました。

驚いたことに、それらのお土産屋さんの店頭のすべてにマムシ酒とマムシ酒になる前の段階のものが置いてあります。その「マムシ酒の前の段階」のものが驚異で、マムシたちは生きたまま500mlのペットボトルの中に入れられています。

「これは生きているけど、正しいのですか?」と私が訪ねると、お店の人は「そうなんですよ、捕まえてすぐに焼酎を入れちゃうと不純物が出ちゃうので、3~4か月餌を与えず生かしといてマムシの胃の中がきれいになったら、焼酎を入れてマムシ酒を作るんですよ、このマムシなんか元気で効きますよ」といかにも餃子を包むときは親指と人差し指で周りをつまんでね、などのように普通に会話をします。

スゴイなと思いつつ、これも日本の食生活なんだなとマムシの動きに目が回る思いでした。

投稿者: 税理士法人SETACS

2010.08.23更新

これからブログを始めていきます。みなさまにお役にたつような情報を掲載していきたいと思っておりますので、今後とも宜しくお願いします。

投稿者: 税理士法人SETACS

税理士法人SETACS サービスの事・費用の事・経営の事、どんな事でも相談承っております。無料相談実施中 tel:03-6240-9780 〒101-0032 東京都千代田区岩本町2‐1‐17 プライムタワー岩本町2F 営業時間:平日 9:00~17:00 定休日:土曜、日曜・祝日
サービスの事・費用の事・経営の事、どんな事でも相談承っております。 Tel.03-6240-9780 創業融資サポート 税務顧問サービス 月々10,000円~ 決算代行サービス たくとブログ 林卓也の税を学ぼう T-FAX通信 役に立つ税務 役に立つかもしれない情報 facebookページ 経営マガジン WEBセミナー ビジネス書式書 相続税対策.com Dr.経営計画