2010.09.26更新

  イヤー残念でしたねえ、ワールドカップ。でもPKじゃしょうがないですよね。位階も勝てないかもしれないと思われていたのに2勝もしたんですから。

 日本中の人が4年に1度にわかサッカーファンになって異国で活躍する若者を応援してナショナリズムに浸るのは脳内エンドルフィンが抽出され気持ちの良いものです。

 岡田監督も「迷走男」「やめろ」などの前評判が「3年間で日本を着実に強くした名監督」「最初からこうなることが分かって試行錯誤していたんだ」などとすっかり英雄扱いです。

 そのワールドカップをテレビで観ていると、次のような言葉が画面に出てきました。

 「強い者が勝つのではない、勝った者が強いのだ」・・・皇帝と呼ばれたベッケンバウワーの何とも示唆に富んだ言葉ですが、大会前の成績も良くいい選手もいっぱいいる優勝候補チームが優勝するとは限らず、最終的に優勝したチームが強いのだということなのでしょう。岡田監督も「決勝リーグに進めたので、名監督」となったんだよなあ。

 なんてことを熱く語っていると、ある女性が言いました。

 「口説かれたから惚れるんじゃなくて、惚れているから口説かれるんだよ」、色っぽくて、婀娜っぽい(あだっぽい)言葉ですねえ。

 また、ある社長が言いました。

 「製品がいいから売れるのではなく、売れるからいい製品なんだな」、そうかとにかく売れてしまえば開発のお金も生まれるし、認知度も上がって、結果いい製品になるんだな。

 そうなるといろいろな会話が生まれます。

 「いい店に客が来るんじゃなくて、客が来るからいい店なんだ」

 「頭がいいから受験に合格するんじゃなくて、合格したから頭がいい」

 「飲みすぎるから二日酔いになるんじゃなくて、気持ち悪いのはたくさん飲んだからだ」

、などなど皇帝ベッケンバウワーの言葉とはニュアンスの違う表現になってきましたが、日本のレギュラーには高校大学で目が出なかったのにその後うまくなってきた永友選手などもいます。頑張って練習していけば世界に立ち向かえるんだということを今回のワールドカップで知った日本の皆様、これからの人生頑張ってやっていきましょう。

作者: 税理士法人SETACS

2010.09.13更新

作者: 税理士法人SETACS

2010.09.13更新

スケジュール表を見ながら先方との約束をする時に、まだその日は確約できないと思われる場合に「その日はまだ約束できないのでペンシル・スケジュールでい いですか」とペンではなく鉛筆で書いて、後で消しゴムで修正できる約束のことを英語の表現ではそう言うそうです。(天声人語による)
人間には過去の自らの行為などを消しゴムで消したい時がありますがそれはかないません。しかしこのペンシルは未来の予定を消すことができる便利な文房具というわけなのです。
 使い方としては、首相クラスで「5月31日に基地移転しますからトラストミー、ペンシル・スケジュールで」とか、ホステスさんと「今度うまいもん食べに連れてってやるから、(心の中でペンシル・・)」
なんて言うと「今度とオバケは出てきたことがないよ」と見透かされたり、または彼女に「誕生日に指輪プレゼントするから、(心の中でペンシル・・)」とい い加減なことを言っていると、彼女の誕生日に自宅に押し掛けられ「ユ・ビ・ワは?」とすごまれたりなどなど、意外とロクな落ちはありません。
 でも気心の知れた人と上手に使えば、これはとても便利な言葉になるのでしょう。

作者: 税理士法人SETACS

前へ
税理士法人SETACS サービスの事・費用の事・経営の事、どんな事でも相談承っております。無料相談実施中 tel:03-6240-9780 〒101-0032 東京都千代田区岩本町2‐1‐17 プライムタワー岩本町2F 営業時間:平日 9:00~17:00 定休日:土曜、日曜・祝日
サービスの事・費用の事・経営の事、どんな事でも相談承っております。 Tel.03-6240-9780 創業融資サポート 税務顧問サービス 月々10,000円~ 決算代行サービス たくとブログ 林卓也の税を学ぼう T-FAX通信 役に立つ税務 役に立つかもしれない情報 facebookページ 経営マガジン WEBセミナー ビジネス書式書 相続税対策.com Dr.経営計画