2012.07.09更新

 先日、武士の情けで名前は言いませんがパスタのチェーン店に入りました。

 私と私の友人とその幼稚園の子供3人です。ランチは結構混んでいる店で、店員は皆ニキビ面の高校生と思しき子供たち。みんな入ってくるお客さんをマニュアル化したあいさつで迎えます。 最近はコンビニもそうですが、入店するといきなり「こんにちはー、いらっしゃいませ」とニコニコと親しげに迎えられます。

 この店は高校生ばかりと思われるので、愛想笑いは無理のようです。

 さて、注文をしてしばらくするとお料理が運ばれてきます。「お待たせしました、お子様ランチはどちらさまですか?」、うーん、おっさん二人とガキひとりだろ、見ればわかるだろ、と心の中で思いましたが、そこは私の子供と同じ高校生のやることしょうがないと諦めます。

 その後、飲み物が来ます。「アイスレモンティはどちらさまですか?ウーロン茶はどちらさまですか?」と聞かれ、「アイスティはこっちね」と答えると、「あっ、アイスレモンティを持ってきてしまいました」と言いながら去ろうとします。

 「いいんだよ、アイスティ頼んだんだから」、「でも伝票にはアイスレモンティと書いてあるので」と言う。「いいかい、アイスティもアイスレモンティも一緒だから、それを置いて行っていいのだよ」と私の息子が回りまわって怒られないように、静かに彼を諭します。

 そして、「そんなにマニュアル人間になっちゃうとユニクロの社長にはなれないよ」と、海鮮トマトパスタ大盛りを頬張りながら大人の説教をしました。がんばれ高校生よ、日本の未来に。

作者: 税理士法人SETACS

2012.07.09更新

 平成22年中に亡くなった人は約120万人(前年約114万人)でなんと10年前の約96万人の25%増、その内相続税の課税対象になった人は約5万人です。亡くなった人で相続税を払うようになる人は約4.2%で100人に4人ということになります。

 そこで近年増加傾向にあるのが預金等を海外にシフトすることです。これに対して平成24年の税制改正で5千万円を超える国外財産がある人は調書の提出が義務付けされました。罰則もありますので、身に覚えのある人は忘れずに提出してください。

 適用は、平成26年1月1日以後です。

作者: 税理士法人SETACS

2012.07.09更新

 1.    サウジアラビアの女性企業家たち

 サウジアラビアの女性は、いつも頭に黒くて厚い布を被り、人前では顔を出してはいけない、社会的に不当に不公平な扱いを受けている、私にはそんなイメージでした。

 それがそんなことはとんでもなく、女性起業家が次々と大躍進を遂げているようです。

 何故か、①サウジは金持ち国であるので、男性が女性の生活を100%支えることが出来るため女性は起業をするにあたってリスクを取りやすい、②何と言っても90%が公務員なので民間での競争はほぼなく社会に進出しやすい、③サウジでは、女性の世界には男性は全く入れない男子禁制なので、女性が起業した会社に男性は一歩も踏み入れることができず、男の出世に絡む妬みの世界もなく、女性が女性のために商品やサービスを開発して、社内環境はとてもいいらしいのです。

 日本も誰か、そんな会社を起業したらいかがでしょうか、私、受付くらいはしますが、、、、あっと男子禁制か、、、いや良いんじゃないですかあ。

作者: 税理士法人SETACS

前へ
税理士法人SETACS サービスの事・費用の事・経営の事、どんな事でも相談承っております。無料相談実施中 tel:03-6240-9780 〒101-0032 東京都千代田区岩本町2‐1‐17 プライムタワー岩本町2F 営業時間:平日 9:00~17:00 定休日:土曜、日曜・祝日
サービスの事・費用の事・経営の事、どんな事でも相談承っております。 Tel.03-6240-9780 創業融資サポート 税務顧問サービス 月々10,000円~ 決算代行サービス たくとブログ 林卓也の税を学ぼう T-FAX通信 役に立つ税務 役に立つかもしれない情報 facebookページ 経営マガジン WEBセミナー ビジネス書式書 相続税対策.com Dr.経営計画