2012.07.09更新

 先日、六本木で飲んで酔っ払っているうちに、いつのまにか新宿二丁目のゲイバーで飲んでいることがありました。移動のことは全く覚えてなかったのですが友達に誘われるがまま、朝5時の外の風景は新宿の猥雑な街であったのです。

まあそんなことはどうでも良いのですが、LGBTというNPO法人があることを知りました。

Lは、レズビアン・・・女性を愛する女性、Gは、ゲイ・・・男性を愛する男性、Bは、バイセクシャル・・・男性、女性、トランスジェンダーなど多様な人々を愛する両性愛者、Tは、トランスジェンダー・・・性転換が必要と感じる人といった意味のようです。

NPOは、そういった人たちが社会や家族と普通に付き合って行くことを手助けするためのとても健全な会であると同時に真面目にこの問題に取り組んでいました。

にもかかわらず、私は不覚にも数十年も勘違いしていました。 「ゲイの人たちは男に性的魅力を感じる」=「男とみると欲情する」=「男風呂は宝の山」=「お相撲さんの四股(しこ)にウットリ」的な発想を勝手ながらしていました。

「そんなことあるわけないでしょ~」と新宿2丁目のひげが濃いゲイに濃い水割りを差し出され、

「私たちにも好みがあるのよ、それはいっしょよ!モー❤」とモモを叩かれ、「君なあ男なんだから力の加減をしろよ」と言うと、再び「モー」とシナを作って優しくなでてきました。

身の危険を感じた賢人は「ゲイさ、やめてみたらどうだ」と話を変えると、「そのお尻を押さえて怖がるのやめてくれない」と言いながらも、さみしそうに「やめられないのよね」と言うので「つぶしが効かないものな」と慰めたのですが、水割りのグラスを強く押し付けられ「飲みなさいよ、、、でもそうよね」「嫌いよ。。。」、お店でお金を支払って嫌いと言われるのもなんですが、少しほっとしたわけです。

 まあ、皆さん共存共栄、Win!Win!で、この時代を乗り越えていきましょうよ。

作者: 税理士法人SETACS

2012.07.09更新

 1.    IMF専務理事ラガルドのすご過ぎる過去

 日本に消費税増税を迫るリガルド、これがすごい女性で、、、すごい女性というと銀座あたりで男を手玉に取るようなイメージですが、、、それが違う意味でのすごさで世界を震撼させています。

 ラガルドは元々は弁護士であり、その優れた手腕でアメリカ大手法律事務所のトップとなり、さらには母国フランスの財務大臣にもなり、さらにさらに現在は前述の通りIMF専務理事として世界の経済を動かすトップとしての立場を築いています。

 ラガルドがIMF専務理事になった時に「弁護士、ビジネスリーダー、大臣、そして女性としての経験をすべて持ち込む」と就任のスピーチをしました。

 なんかすごいですよねえ、もし一緒にゴルフに行ったとしたら「ちょっと、そんなのOKできないわよ」とか怒られて、手が震えてますますパットが入らなくなるかもしれません。いやもしかしたら意外とかわいいのかも、、、うーん??、、、しれません。

 それにしても欧米の女性の政界進出は素晴らしいもので、イギリスのサッチャーから、現在はドイツのメルケル、デンマークのトーニングシュミット、リトアニアのグリバウスカイテなどなど、これからの世界は女性に支えてもらっていくのですよ、きっと。

作者: 税理士法人SETACS

税理士法人SETACS サービスの事・費用の事・経営の事、どんな事でも相談承っております。無料相談実施中 tel:03-6240-9780 〒101-0032 東京都千代田区岩本町2‐1‐17 プライムタワー岩本町2F 営業時間:平日 9:00~17:00 定休日:土曜、日曜・祝日
サービスの事・費用の事・経営の事、どんな事でも相談承っております。 Tel.03-6240-9780 創業融資サポート 税務顧問サービス 月々10,000円~ 決算代行サービス たくとブログ 林卓也の税を学ぼう T-FAX通信 役に立つ税務 役に立つかもしれない情報 facebookページ 経営マガジン WEBセミナー ビジネス書式書 相続税対策.com Dr.経営計画