2014.01.07更新

  2020年東京五輪のメーンスタジアムとなる新国立競技場は果たして必要なのか、「建設費が膨大である」「開閉式屋根はいるのか」「景観を損なう巨大建物が必要か」「サブトラックがない」「収容人数8万人の災害対策はあるのか」などなどの批判が巻き起こっています。

特に批判の急先鋒に立つのが、東大、ハーバード大で学び丹下健三の愛弟子にして文化功労章の槇文彦(85)さんで、普段は温厚そのものの紳士の怒りに驚いた建築界は、槇先生のおっしゃる通りだと、「規模を縮小せよ」との要望書を東京都などに提出しました。

その新国立競技場の設計者を選んだデザイン審査会の委員長が、高卒、元プロボクサーの安藤忠雄さんで、作風はコンクリート打ち放しで王道とは言えませんが、文化勲章を受け、建築界のノーベル賞であるブリツカー賞も受賞。この二つを受賞したのは丹下健三さんだけ。

 槇さんの主張は、ただ一つ「神宮外苑は濃密な歴史を持つ風致地区なのに、なぜ巨大建築物が必要なのか」、それに同調する神宮外苑の美観を保とうという人たちは「今の国立競技場を増設して8万人収容できるようにしたらどうか」と現実的意見を出しています。私見としては、槇さんに座布団1枚かな。

作者: 税理士法人SETACS

2014.01.07更新

  韓国のパククネ大統領が世界各地で日本批判をし、国内でも隣の魚屋がつぶれたのはアベノミクスにクネノミクス(韓国パククネ大統領から生まれた造語)してやられたからだという事にもなっているようです。

 またさらには、戦時中の兵士徴用などについて、日本企業を訴訟に追い込み、韓国の裁判所では日本が敗訴の憂き目に立っています。

韓国の日本批判は今に始まったところではないので驚きはしませんが、その原因はズバリ、韓国に「お金がないこと」が起因となっていると思われます。

 「漢江の奇跡」と言われたように、韓国はしばらく好景気を続けてきたが、このきっかけになったのが、日韓基本条約による日本が韓国に支払ったいわゆる「解決金」と日本からの技術供与によるものが多くあります。

 そもそも韓国のGDPの20%を占めるサムスンは、電子製品が三洋、白物家電はNECとの合併で出来た企業だし、現代自動車も三菱自動車からの技術供与により発展しました。

 そして日本からの「解決金」も無くなり、アジア通貨危機で国内産業はハゲタカに食い尽くされ、銀行も60%が外国資本となり、外国資本になった銀行はハゲタカから高配当と株価引き上げを休むことなく要求され、融資先の整理もハゲタカにさせられたことにより企業も財閥化が進み、10大財閥を合わせたGDPが約75%というイビツな産業構造となってきたのです。

 そんなこんなで、韓国の米国債保有高は514億ドルと、日本の1兆1100億ドル、中国の1兆2000億ドルと比べると、無いにも等しい寂しさとなっています。

 しかも2018年には平昌冬季オリンピックを開催するにもお金がいる、、、そこで日本よ「歴史問題を考え直せ」と、また戦争の解決金を要求してきてるとのだとの推測が成り立つわけです。

 アジアの隆盛のためには、日中の協力、日韓の友好が欠かせないものなのに、お互いの国の個々の人間たちは仲良くやってるのに、忸怩たる思いがここにありますが、お互い素直にどうにかならないのでしょうか。

 スタンフォード大学卒のMBAでも雇用してみたらどうでしょうか。

作者: 税理士法人SETACS

2014.01.07更新

  韓国の学生と親御さんの学歴偏重、就職ではサムスン偏重は有名な話になりましたが、アメリカ企業に就職しようとする人たちにはより高学歴が求められています。

 例えば、世界の誰でもが知っているGoogleでは、スタンフォード大学卒業でも博士号、修士号、くらい持ってないと、非正規採用でしか就職できません。

 アメリカの大学の学費は日本の大学の比ではないくらい高く、このスタンフォード大学での学生生活を1年間送るための費用は約56千ドルだそうで、日本円にすると560万円ですから、4年間の大学生活を送るためには、なんと!!、2240万円となります。

 仮に、わが家に優秀なお子さんが二人いて「パパ、ぼくスタンフォード大学に行きたい」「あたちも」と言われたら、4500万円のわが家建築分くらいのお金の出費となります。

 よって、アメリカの学生ローンの負債総額はすでに1兆ドルを超え(ひえー、100兆円)ました。

 そんなに借金をしながら、スタンフォード、ハーバードといった世界の誰もが知っているような大学を卒業しながらも、非正規採用だとすると学生ローンを返すことなど到底できなくて、「あんだよ、こんなことなら大学なんか行かなくても良かったじゃん」と、きっと滑らかなキングオブイングリッシュで嘆いていることでしょう。

 そこで学生たちは何を考えるかというと、「そうだもっとスキルを上げればいいんだ」とばかりに、MBA(経営学の修士)やPhD(博士号)の資格を取り、再び就活へと走りますが、例えばシリコンバレーのように、アイデアを持つ者にはチャンスはたくさんあるが、優秀な人があふれているので競争も激しく、このような資格でも多くの収入を望めなくなっています。

 そう考えると、日本の大学は「あまちゃん」に思えてきますが、日本の就活もかなり厳しいことになっているようで、古今東西の学生たちよ、がんばるのだよ。

作者: 税理士法人SETACS

前へ
税理士法人SETACS サービスの事・費用の事・経営の事、どんな事でも相談承っております。無料相談実施中 tel:03-6240-9780 〒101-0032 東京都千代田区岩本町2‐1‐17 プライムタワー岩本町2F 営業時間:平日 9:00~17:00 定休日:土曜、日曜・祝日
サービスの事・費用の事・経営の事、どんな事でも相談承っております。 Tel.03-6240-9780 創業融資サポート 税務顧問サービス 月々10,000円~ 決算代行サービス たくとブログ 林卓也の税を学ぼう T-FAX通信 役に立つ税務 役に立つかもしれない情報 facebookページ 経営マガジン WEBセミナー ビジネス書式書 相続税対策.com Dr.経営計画