2010.10.16更新

 「生」という言葉を聞いて何を連想しますか。

 いやらしいことを連想した人はすぐに出て行ってください、今回は食物の「生」とは?という話です。

 まずは「生ビール」(=「熱処理されていないビール」)です。大体の人は「生ビール」というとお店のサーバーからジョッキに注がれるあの「生」なのですが、実は今や国産ビールの100%近くがビンもカンも生ビールでして、お店で飲む「生ビール」が美味しいのは回転が速くて新鮮なので美味しいということだそうです。ということは、はやってない店の「生」はまずいということにもなります。

 ちなみに「生酒」も「生醤油」も熱処理により殺菌をしていないものの定義になります。

 次に「生ハム」も「生ビール」などと同じく「熱処理されていないハム」で、1年~2年と寝かせるのですが、制作過程で塩を浸透圧させているので、「生」でも腐ったりしないのでしょう。

 また「生クリーム」は加熱のあるなしは関係なく「添加物なし」のものを言い、、、と書いているうちに生ビールが飲みたくなってきましたので、今日はここらで失礼いたします。あしからず。

投稿者: 税理士法人SETACS

2010.10.16更新

  「生」という言葉を聞いて何を連想しますか。

 いやらしいことを連想した人はすぐに出て行ってください、今回は食物の「生」とは?という話です。

 まずは「生ビール」(=「熱処理されていないビール」)です。大体の人は「生ビール」というとお店のサーバーからジョッキに注がれるあの「生」なのですが、実は今や国産ビールの100%近くがビンもカンも生ビールでして、お店で飲む「生ビール」が美味しいのは回転が速くて新鮮なので美味しいということだそうです。ということは、はやってない店の「生」はまずいということにもなります。

 ちなみに「生酒」も「生醤油」も熱処理により殺菌をしていないものの定義になります。

 次に「生ハム」も「生ビール」などと同じく「熱処理されていないハム」で、1年~2年と寝かせるのですが、制作過程で塩を浸透圧させているので、「生」でも腐ったりしないのでしょう。

 また「生クリーム」は加熱のあるなしは関係なく「添加物なし」のものを言い、、、と書いているうちに生ビールが飲みたくなってきましたので、今日はここらで失礼いたします。あしからず。

投稿者: 税理士法人SETACS

2010.10.16更新

青森に釜を持つ陶芸家の今井さんは世のイメージにある、いわゆる頭の毛ボサボサ、ヒゲ茫々のいわゆる偏屈な陶芸家ではなく、穏やかで実直そうな風貌の持ち主です。

しかしその行動は大胆でいて、目立ちたがり屋のところもあるのか、100mという世界で一番長い登り釜を作り、ギネスブックにも登録されています。(と思う・・・すみません、未確認です)

その100mの登り釜がダイナミックなスケールで、製作費なんと8000万円、燃やした赤松代が、な、なんと6000万円、3ケ月と半月の間に3人交代で、毎日24時間休むこともなくぶっ続けで、8分ごとに100本の赤松を釜に投げ入れるなんて所業は、相当に目立ちたがり屋、いや失礼、陶芸への情熱がなければできることではありません。

この釜はとうてい自腹でできるわけがなく、新潟県柏原市のイベントで当時の総理大臣小渕さんが国にお金が余ってどうしようもなく地方に1億円をばらまいた時に実現したもので。(すみません、これも未確認です、なんせシャンパンやらワインなどをいただきながらお話を聞いたもので・・・)

今井さんの作る壷は三線という三つの線が入っていて、その間に「空」「風」「火」「水」「地」が存在するという深い意味がある物で、昔はお墓の中に、その壺に教典や鏡などを入れて埋めたそうです。

釉薬を掛けずに焼くことにより「空」「風」「火」「水」「地」のすべてから壷に「良い味」をもらうというある意味釜まかせなところがある反面、作る過程のすべての作業に理由(わけ)があるという科学性を持ち、また歴史にも夢を馳せ、「信長、秀吉のころはこの壺一つで戦争が起きたものです」と朴訥に語る今井さんの次なる目標は150mの登り窯です。100mで1億4千万円かかったのだから、150mに換算すると2億1千万円です。一人20万円で壺を買う予約をして、壺を1千個作れば登り窯代はペイできます。(儲けはないのか?) 何とか完成させてもらいたいものです。

投稿者: 税理士法人SETACS

2010.10.16更新

 

 業界の研修旅行で羽田空港から金浦空港に入りソウルの街を研修(?)してきました。

 ソウルは3~4回目10年ぶりくらいなのですが、韓国が経済大国として世界に発展しているとのことで、どのくらいの変化があるのかと楽しみに行ったのですが、ある意味期待を裏切らず、昔のままの雑然としたイメージが似合う国でした。南大門の道は今も売り物の洋服や靴下が散乱し、日本人とみると「コピー、コピー」「海苔あるよ」「キムチあるよ」と客引きが寄ってきて、なかなか前に進めません。

 それではと立ち止まってガイドの女性にお国事情を聞くと、韓国では女の人が結婚相手としての男の人と会うと最初に聞くのが「就職先」で、次に聞くのが乗っている「自動車の車種」だそうです。

どういうことかと言うと、「韓国はとにかくサムスンで、次に現代とLG」で「世の娘を持つお母さんの100%がお婿さんはサムスンの人がいい」、先日もサムスンに勤めている男の友達がヘッドハンティングで別の会社に行きたい旨をお母さんに話すと「それはわかった、理解する、だけどサムスンにいる間にお嫁さんもらってからにしてね」となるそうです。

また自動車の車種も重要で、ランクの高い車に乗っていないと男はまずモテない。だから男は無理して借金しても高い自動車を買ってしまうそうで、国のエコ活動の一環で「軽自動車に乗ってください」という指導があるにもかかわらず、道路を走る軽自動車はまずいません。

見栄っ張りの国であることは間違いないようです。

投稿者: 税理士法人SETACS

2010.10.16更新

 尖閣諸島問題で日中関係が揺れています。

 中国は上げたこぶしを下ろすのに苦労をしているようにも見えますが、菅首相も前原外相も固いので

中国もこぶしを痛めるのを恐れて、ますます強硬路線を貫いてくるかもしれません。

 以前、小泉元首相が靖国参拝問題で中国から「中国を戦渦に巻き込んだ者たちを参りに行くのはやめろ」と言われても結局お参りして、「胡錦濤さんも上げたこぶしを下ろすのは大変だろうな」と他人事のように語り、「あれほど忠告したのに、なぜお参りしたんだ」とすごむ中国に「賽銭はポケットマネーだから気にするな」と煙に巻いていたことを思い出します。

 小泉嫌いの私ではありますが、菅首相もこういったケンカ上手なところがあっても良いのではと思いつつも、これからの世界の経済大国である中国相手にケンカするのもなんだと思うし、こういった問題を解決するのは田中角栄さん並みの強引な腕力と智謀が必要なのかとも考えます。

 中国は日本の日銀に当たる国営銀行から各銀行へ130兆円の貸出をし、その各銀行の貸出目的の半分が投資資金で、その潤沢な資金でボンボンと誰も入らない高層ビルを何本も作り、さらには元の価格を国際的有利に保つためにバンバンと元を刷り上げており、かなりの危機感があると思われます。

 そういった国内事情から国民の目をそらさせる為には反日活動を煽るのが最も効果的であるというゆえの尖閣問題であるということが、もしかしたら問題の核心なのかもしれません。

投稿者: 税理士法人SETACS

2010.10.15更新

  最近、茗荷にはまっています。家に帰ってシャワーを浴びる前に、出汁を取って熱を冷ましお酢をドボドボとわずかの醤油を回した器に四つに縦割りしたみょうがとカブかなんかの葉っぱとキュウリを入れて冷蔵庫で冷やします。シャワーの後の一杯目のビールが終わった後にそのみょうがを冷蔵庫から取出し、「しゃきり」と齧り夏の苦さとお酢の酸っぱさが口の中に広がるのを待ってから2杯目のビールを流し込みます。その「しゃきり」はのどごしも「しゃきり」としながら鮮烈な夏の苦さを残します。

 和漢三才図絵で「茗荷」を調べると「蘘荷」で、「茗荷と書くのは誤りである。茗は茶の名である」とあります。そこで思い当たるのは「茗荷谷」のことで、「みょうがだに」と読むのですが、東京で地名に谷が付くと「渋谷」「世田谷」「入谷」「日比谷」「四谷」で谷は「や」と読まれます。なぜ「みょうがだに」と「うぐいすだに」は「だに」なのか、などと考えながら焼酎に移っていく夏の夜です。

投稿者: 税理士法人SETACS

2010.10.15更新

 小学生だったころ、中学生だった頃、夏休みの宿題の実行は、ほんの少数派の「先行型」と大多数派の「追込み型」に分かれていました。私は7月は「まだ8月丸々あるし」とぼんやり過ごし、8月に入ると勉強計画を立て、次の日に挫折をするとそのままズルズルと8月末まで机に向かわず、9月1日の朝に母に雑巾を縫ってもらった思い出があります。

 宿題に関してはこの二つの派と「コツコツ着実に」毎日こなす派も入れて3派かと思っていましたら、私の子どもは小5くらいの時にまったく宿題をするそぶりを見せないので、「おい夏休みが終わっちゃうよ」と父親らしく声をかけ、まあ最後にはあわてて頼ってくるのだろうから、その時説教でもしながら手伝ってやるかなどと思っていると、カレンダーはもう9月1日です。

 「おい宿題どうなってんだ」と2学期の初日に声をかけると「やってない」と言います。「や、やってないって、今日持っていくんじゃないのか」と「???」の思いで父は息も絶え絶えで声を絞り出すと、「大丈夫、今日一日嵐に耐えたら、明日からは普通の生活が始まるから」と彼は悟りを得ます。

 「き、きみなあ」と父はその場で息絶え床に突っ伏した後、奇跡の復活で起き上がり、超大物なのか超怠け者なのかわからない子供の背中にランドセルをかけ「行ってらっしゃい」と送り出しました。

 そうです、夏休み宿題実行3派のほかに「やらない派」がいたのです。

 そんな男の子も今は高校1年生。宿題をするからと昨日今日の学校の補講をさぼり、一緒に旅行に行くはずだったまだ会ったことのないOさんの奥様に家庭科の宿題を依頼しようと思っていた当ても旅行中止で断念し、仕方なく母に頼み込み、高校最初の夏休みは乗り切りそうです。

 高校の夏休みはあと2回、じりじりとした暑い夏になりそうです。   

投稿者: 税理士法人SETACS

2010.10.15更新

 鉱山の落盤で地下のシェルターに閉じ込められた人たちの救出に2か月~4か月かかるということです。地面からシェルターまでの距離が東京タワーの2倍以上、東京タワー・・・登ると高いですよー、東京も東京湾もビルを破壊するゴジラだってとても低く見えます。

 その地下に温度35度、湿度95%ですからね、埼玉、練馬の比ではない、しかも剛健壮健な男のみ33人での生活、と言ってもその中に女の人が一人でも入っていたら余計に大変だったかもしれません(参照、「東京島」桐野夏生)。

 この33人の人たちの苦しみに比べたら、「日本の酷暑なんてどーってことない」38度も道路の反射熱もクーラーの放射熱もどーってことない、熱帯夜だって布団があるから幸せだ、と自分を励ましながら、何とか夏を乗り切ろうじゃありませんか、ビールとともに。

投稿者: 税理士法人SETACS

2010.10.15更新

円高に株安に猛暑と日本が壊れかけている中、民主党は、菅vs小沢でコップの中の戦いが始まるのか始まらないのか。それでもコップの中の勝者が日本の首相になるのですから、これは大変なことです。

そんな中、テレビを観ていた私の妻がボソッと言いました、「小沢さんには首相になってほしくない、だってコロコロ変わると世界に恥ずかしい」。

これは驚きましたね、結婚生活20年になろうかという彼女ですが、これまで一度たりとも「世界」について語ったことも、世界観についての考察もしたことがありません(たぶん)。

円高株安対策資金などよりも、「犬が歳をとってきてオシッコの回数が増えた、よってシートをたくさん買わなければならないので協力せよ」という犬資金には興味津々。

「車が汚れて恥ずかしいから洗ってきてよ」という半径12m位の近所には世間体がややある。

その彼女が「世界に恥ずかしい」と言ったのだから驚きです。

いったい、だれに対して恥ずかしいのか、オバマ?、プーチン?、パリス・ヒルトン?もしくは温家宝?、タイガーウッズ?といった疑問符がバンバンと私の頭の中で破裂しますが、もしかしたらこれが多くの日本人が抱く感情なのかもしれません。

世界のどこに誰がいるかはわからないけど、「誰かに恥ずかしい」、人間の大事な矜持なのかもしれません、ぜひ大事にしていただきたいと面と向かって言うと怖いので言いませんが、そう思います。

それにしても、「どこに対しても恥ずかしくない」鉄面皮が鳩山さんで、小沢さんと「お互い裏金の問題は闇に葬りましょう」と抱きつき心中をして国会議員を辞めるはずだったのに、いつの間にかあっちについたりこっちについたり、二股膏薬、イソップ物語のコウモリの役を買って出ています。

それに鳩山グループなどと言って子分がいるのですからこの人たちの気がしれません。子分といえば、小沢さんの取り巻きは見るからにヒドイですね、特に側近のあの人、人事で重用されないからと、「円高も株安も全部、無策の菅が悪い、小沢になったら日本の未来は明るいのだ」なんて、仲間内を言いたい放題だもんだから、「えっ、やっぱりそうなのか」とますます我々を心配にさせます。

とにかく誰でもいいから(あっと小沢さんだと世界に恥ずかしいのか)、この暑さ何とかしてくれ・・・などと言っていると、33人に申し訳ないかな。

投稿者: 税理士法人SETACS

2010.10.12更新

 平成22年上半期の直木賞は中島京子さんの「小さいおうち」が選ばれました。

 ほんわかしたような、してないような不思議な小説なのですが、その中に何ともおいしそうなお酒のつまみが出てきます。

 一流企業の会社に勤めるだんな様の家の女中である主人公が、旦那様の機嫌がよくなり突然お酒を飲みたくなった時に、お晩酌用に何か用意しているわけではないのに「つまみ」を作ります。

 小さく切って焼いた油揚げに山葵漬けを詰めてお醤油をひと垂らし、なんていうのは油揚げ好きな私にはたまらない一品で早速やってみると、辛口の冷にピッタンコの味わいでした。

 また、缶詰のコンビーフをサイコロに切って、お葱といっしょにちょっとあぶったりして、なんて書いてあると久々にコンビーフを食べたくなってきて、果たしてコンビーフってどこに売っているんだっけとスーパーに走り、これまた昭和の郷愁を万感に胸を躍らせながら、くるくると缶詰のふた(っていうのかあ?)を外し、葱をのせてちょっとあぶって、最近お気に入りのシーバスとホッピを混ぜたハイボールで流し込むと喉が「あぐっ」と喜びました。美味しいなあ、皆様もぜひお試しください。

投稿者: 税理士法人SETACS

前へ
税理士法人SETACS サービスの事・費用の事・経営の事、どんな事でも相談承っております。無料相談実施中 tel:03-6240-9780 〒101-0032 東京都千代田区岩本町2‐1‐17 プライムタワー岩本町2F 営業時間:平日 9:00~17:00 定休日:土曜、日曜・祝日
サービスの事・費用の事・経営の事、どんな事でも相談承っております。 Tel.03-6240-9780 創業融資サポート 税務顧問サービス 月々10,000円~ 決算代行サービス たくとブログ 林卓也の税を学ぼう T-FAX通信 役に立つ税務 役に立つかもしれない情報 facebookページ 経営マガジン WEBセミナー ビジネス書式書 相続税対策.com Dr.経営計画