2012.04.17更新

 今は何が何でもワンピースとばかりにあらゆる商品にワンピースのキャラクターがついていますが、さぞかし作家は儲かっていると推測されます。

 漫画家はみんなそうなのかと思っていたら、そうでもないようで今回「柳沢きみお」さんの「なんだかなア人生」という本が出ました。

 柳沢みきおさんと言えば、「跳んだカップル」や「特命係長只野仁」などで一世を風靡した漫画家で、漫画界では重鎮で、売れっ子の一人だと思っていました。

 ところが、この自伝本によると柳沢さんは千葉の山奥のログハウスを4億円で購入のために月額350万円のローンを組み、返せなくても、いざとなったら原宿の自宅マンションは10億円の値が付いていたのでこれを売れば数億のお釣りも来るなと考えていたそうです。

 ところが、ログハウスは水も出ない欠陥住宅、バブル崩壊で原宿の自宅は1億4千万円でしか売れず、ログハウスは何と1千万円でしか売れずに、大借金。が、そこはなんとかテレビドラマ「特命係長只野仁」の大ヒットで何とか借金を返し終えたのですが、その時すでに62歳だそうで、まあ自業自得と言えばそれまでですが、大変なバブルの寵児でもありますね。

投稿者: 税理士法人SETACS

2012.04.17更新

 アメリカ主導のイランに対する経済制裁に中国は参加しないことを表明しています。

 中国をライバル視するインドもアメリカを無視し、イランの原油を輸出しイランの港湾、鉄道建設をバンバンと受注しています。

 イランのお隣のトルコもイランから輸入したものをEUに輸出する中継ぎをしています。

 中国や北朝鮮の圧力を感じる日本や韓国はアメリカの言うことを聞いて制裁に加わらざるを得ませんが、米日韓がイランから石油を買わなくても中国やインドが買っているのだから、制裁は全く効果はない上に、イランから安い石油が入ってこなくなった日韓の企業は他の高い石油を買うことになり、国際競争力でますますドイツあたりにやられることになります。

 アメリカの世界覇権も中国に脅かされてきたようです。

 日本の総理大臣も野田の代わりに中国から輸入してきたらどうですかねえ。

投稿者: 税理士法人SETACS

2012.04.17更新

 そんなイスラエル沖の地中海から海底ガス田が複数発見されたようです。

 2014年採掘分は国内で消費、16年採掘分は輸出が可能です。そこでタイミングよく中国がイスラエルの新幹線建設の発注を受けました。あれだけ鉄道事故を起こしている中国の鉄道技術で良いのかはともかく中国がイスラエル建国60年間の悲願であった地中海と紅海を結ぶ鉄道を建設するのです。

 中国は、最近世界各地特にアフリカで鉄道や港湾の建設などのインフラ設備受注をし、資金がない国には積極的に融資をしてその見返りに石油ガスの利権を確保する世界戦略を展開しています。

 まさにこのルートに乗ったのが今回のイスラエルの鉄道とガスの話なのですが、そんな外交でとどまらないのがイスラエルで、かねてよりEUにガスを送っているロシアはEUを脅すときには厳冬期の突然のガス供給停止をします。

 「EUさんよ、イスラエルのガスはいらんか」その代りイランの時はよろしくねみたいな交渉もするかもしれません。

 世界の外交はすごいですね、生きるか死ぬかのインテリジェンス(情報、諜報)の戦い、日本の政府もイスラエルあたりの外交マンをスカウトしてきての代わりに外務大臣として働いてもらったらよいのでは。

投稿者: 税理士法人SETACS

2012.04.17更新

 この場合のイとイは「イスラエル」と「イラン」で、過去イスラエルは隣国の核開発を阻止するためにイラクやシリアを攻撃した実績(?)があります。

 そこでイスラエル政府高官が「イラン攻撃もあり得るぞ」とメッセージを世界に発信しているのですが、核開発にまっしぐらのイランはむしろイスラエルを挑発し、世界各地でイスラエル外交官を狙ったテロを仕掛けたりしています。

 イランがなぜ核開発ましっぐらかと言うと、日本の学生は受験が終了すると歴史の時間も終了してしまうので現代社会の勉強はほとんどしていないと思いますが、イランは現代の歴史を目の当たりに見て学んでいます。

 核の無かったイラクはアメリカにやられてしまったが、核を持つ北朝鮮はどこからも攻撃されないばかりか中国という大国の援助さえも受けているのだ、核開発は正解だとなるのです。

 しかしだからと言ってイスラエルがイランを攻撃するかというとそれは早計な話で、イランの軍隊は強大である上に、軍備施設もアメリカの最新兵器であるバンカーバスター(地中貫通爆弾)でさえも地下核施設は破壊できないと言われているほど堅牢であるし、そうなればレバノンのヒズボラもパレスチナのハマスもイランにつくと予測されるので、そう簡単には戦争にはなりません。

 しかもオリンピックのサッカー予選で日本に勝利したシリアの内情はとても不安定で(その中、日本に勝ったのだからすごい)、実はアラブ各国にしてもイスラエルにしてもシリアのアサド政権が倒れると、アラブにとっては民主化の波がアラブ世界に広がってしまって困るし、イスラエルにしてもレバノンのヒズボラを抑えてきたアサド政権がいなくなると困ります。

 したがって泥沼の中を漂うかの様相になってきたイスラエルがそんなアラブに攻撃を仕掛けることはないのではないかというのがプロの見方です。

 日本の防衛大臣もイランから派遣で田中直紀の代わりをしてもらったらいかがでしょうか。

投稿者: 税理士法人SETACS

2012.04.13更新

 先日、新宿の焼肉屋さんのカウンターでお店の人にサムギョプサルを作ってもらっていたら、奥から怒声とフライパンが飛ぶ音が聞こえました。そのとたん店の全従業員が奥のキッチンに集合し、

並んで店長の怒声が収まるのをひたすら待っています。その間にサムギョプサルは焦げてしまい、「店長がこうなると仕方がないのです」と言われ、恐るべしお客無視の態度に「どうなってるの」と言っても無言の店員たちと宙を踊るフライパン。命からがら逃げるのが精一杯の酔う前の気弱な都会人であったのでした。

投稿者: 税理士法人SETACS

2012.04.13更新

  「息子がこんなに楽しそうにしていることは今までなかった」、、、木島被告に練炭で殺害された被害者のお母さんのコメントです。

 木嶋被告とは、6人の男性に対する詐欺や窃盗などの罪に問われている女で、出会って間もない男連中から1700万円、470万円などの大金を引き出したとされています。

 その中の一人は学生時代の仲間との会食にも2千円以上使わなかったほどお金の管理に厳しかったのに、なぜこれだけの大金を引き出せたのでしょうか。

 その秘密は男をたらすべく考えられた魅惑のメールにあるようです。

 その一部を公判の検察から読み上げられたものから抜粋すると、「ぜひ泊まりに行きます!ムフ!」「最初は合わなくても、だんだん良くなってくるから大丈夫ですよ。ムフフ」「確認のためにエッチするのもいいかも」と、独身の男心をくすぐります

 こんなメールを人前で読まなければいけない検察側も大変だなあと同情を禁じえませんが、そんな検察の気持ちをわかっているのかいないのか、木嶋被告は午前と午後の公判の間に洋服を着替え、髪もカールしていたということです、すごいですね

投稿者: 税理士法人SETACS

2012.04.13更新

 震災後、アメリカはただちにアメリカの不沈空母である日本列島のために素早く動きました。

空軍からは、ハワイのヒッカム基地からC17による輸送部隊、ステルス戦闘爆撃機F22の出動、グアム島に新設されたアメリカ海兵隊第三十一部隊の第一級の警戒態勢、無人偵察機グローバルホークなどが出動しました。

海軍からは、大西洋の最大の艦隊である第七艦隊の旗艦「ブルーリッジ」が出動態勢、アメリカ海軍の11隻の空母の中でも最新鋭の空母「ロナルド・レーガン」は時速30ノットという戦闘速度で仙台沖に数十時間で到着し、1日150リットルの海水を真水にしたり、大型ヘリコプターで物資を運ぶなどの救援活動を開始しました。

これらの活動がすべて被災地のために行われたかというと、どうやらそうでもないらしくて、「ロナルド・レーガン」は対潜水艦警戒に優れ、最新戦闘機スーパーホーネット18Eやさらには敵の発したミサイルのレーダー攪乱能力のあるEB戦闘機を搭載する世界NO1の戦闘能力を持ちます。

 この「ロナルド・レーガン」は仙台沖に到着するやスーパーホーネットの出撃体制を整え、日本列島北部、北朝鮮、中国、ロシアと軍事防衛体制をすばやく構築しました。

 さらには第七艦隊の主力空母「ジョージ・ワシントン」が東シナ海に向かい、さりげなく尖閣諸島の防御にかかりました。

 これらの態勢は、この震災を利用して中国に尖閣諸島を占領されたらたまらないと思慮した上でのアメリカの行動で、アメリカの核攻撃の目標下に北京、上海、陸空海軍に置かれたのです。

 これらの行動は中国もすべて察知しているでしょうから、日本を攻めればアメリカが即座に出てくるぞという機先を制した形になったことは、日本にとっても安心材料です。

 何とも頼もしい核の下に日本はいるわけで、震災後おろおろするばかりで尖閣諸島のことなど考えもつかなかっただろう日本の国は、やはりアメリカを頼って生きていくしかないのですかねえ。

投稿者: 税理士法人SETACS

2012.04.13更新

 東京直下型の地震が来るのか、日本経済の崩壊が先に来るのか、日本経済はそれこそ未曾有のただならぬ危機を目前にしているようです。

 その要因の一つが「欧州危機」です。年明け早々の「ウニクレディト・ショック」はイタリア大手銀が「ユーロからの離脱」や「ユーロ解体」に言及したことにより欧州市場を襲ったショックで、ユーロ国の政府債務超過問題が再燃することによって、ロンドン、ニューヨークの株が大暴落し、日本もその余波で株が暴落すると、今まで欧州から逃げてきたお金が日本から出て行くことになり、日本国債が売られ、日本は借金さえもできないデフォルト国になります。

 次に、そのユーロをただ1国で支えるドイツに絡む「三重苦」です。①ドイツがガンバリ過ぎて日本の主な輸出先であるアジア地域でドイツに敗ける、②ユーロ安によって日本企業が欧州での利益を減らす、③日本の最大輸出先である中国も①と②と同じ目に合う、、、ユーロを支えようとするドイツが日本の最大ライバル国として君臨すれば、日本の輸出赤字が続くことになります。

 さらに、核兵器完成間近のイランから日本は石油輸入の1割を依存していますが、アメリカの経済制裁、それに対するイランのホルムズ海峡封鎖をちらつかせた両国のチキンレースはアメリカの外交を握るイスラエルの安全保障を揺るがし、中東は一触即発の危機を迎えています。

 このような状況の中で、日本が「消費税の増税」をできない、「税と社会保障の一体改革」ができないようなことになると、財政赤字削減道筋が見えないと海外投資家が判断することになり、株価大暴落、国債格下げで、日本は本当のデフォルトを迎えることになります。

 増税と年金受取額減少という国民の痛みが海外投資家を日本から逃がさない方策であるのかないのか、そういうことを考えて政治家は増税問題を話し合っているのか話し合っていないのか、揉めるしか芸のない連中に日本の未来がかかっているかと思うと残念無念、残念至極の境地です。

投稿者: 税理士法人SETACS

2012.04.13更新

 日本一贅沢いや世界一贅沢と思われるゴルフコースが四国にあります。

 数々の会社を倒産の危機から救ったことで「再建王」の異名をとった坪内寿夫さんが、自分をモデルにした小説を書いた作家柴田錬三郎を中心にした文壇のゴルフ仲間にゴルフを楽しんでもらおうとして作ったのが奥道後ゴルフクラブです。

 完成後も景観が落ち着き、芝が最高の状態になるまで2年間寝かせるという贅沢さで、今はパブリックになってしまいましたが、柴田錬三郎さんは一組で貸切プレーをしたこともあったようです。

 また、柴田錬三郎さんはどうしても敵わない作家の丹波文雄(50歳で小金井CCに入会し、雨が降ろうが、原稿の締め切りが迫ろうが、年に100回ゴルフを実行して5年でシングルになったすごい人)さんの飛距離と方向を入念に分析し、「ここを掘ってくれ」と17番と18番にバンカーを作らせて、まんまと作戦を成功させて得意満面だったこともあるようです。

 いずれにせよ、豊かで裕福な時間が流れていた時代の贅沢なマイコースのようです。

投稿者: 税理士法人SETACS

2012.04.13更新

 どうやらプロ野球は横浜DeNAで落ち着いたようですが、DeNAがプロ野球機構に認められるまでには「楽天」があちこちで反対をしていたようです。

 なぜ楽天はこうも反対をしたのか、本音としては多分「同業排除」なのでしょうが、建前としては「モバゲーは青少年犯罪の温床」である、お互いの年齢の確認ができないのだからユーザー同士のメールのやり取りが未成年者の援助交際につながっているとの指摘をしてきました。

 果たしてこの指摘は正しいのか、なぜなら楽天も今更ながら閉鎖するとは言っていますが、モバゲーと同じようなシステムである「前略プロフィール」というサイトを立ち上げているし、楽天球団オーナーは「ソクミル」という「熟女」「巨乳」といった過激な文字と写真が満載の日本有数のアダルトサイト会社の取締役までやっているそうです。

 このままではプロ野球はリーグこそ違いますが、目くそと鼻くその戦いとなってしまいます。

 こうなったら球場で踊ったり走り回ったり踊ったりバク中をする球団マスコットを巨乳熟女にしてしまってはいかがなものでしょうか、、、なんてね、、、観客が増えたりして。

投稿者: 税理士法人SETACS

前へ
税理士法人SETACS サービスの事・費用の事・経営の事、どんな事でも相談承っております。無料相談実施中 tel:03-6240-9780 〒101-0032 東京都千代田区岩本町2‐1‐17 プライムタワー岩本町2F 営業時間:平日 9:00~17:00 定休日:土曜、日曜・祝日
サービスの事・費用の事・経営の事、どんな事でも相談承っております。 Tel.03-6240-9780 創業融資サポート 税務顧問サービス 月々10,000円~ 決算代行サービス たくとブログ 林卓也の税を学ぼう T-FAX通信 役に立つ税務 役に立つかもしれない情報 facebookページ 経営マガジン WEBセミナー ビジネス書式書 相続税対策.com Dr.経営計画