2014.09.30更新

 先日、紀州の南高梅をいただきました。

 一つ取り出して口元に持ってくると、淡く優しい開花直後の花の香りが鼻の奥から脳内までもくすぐり、その香りに我慢できずに口に入れてみればハチミツに漬けた甘い酸っぱさが舌を刺激し、あたかも海風に囲まれた梅園にいるかのような陶酔感を覚えます。

 さて、この南高梅の名前の由来を調べてみると、香しい秘密、いやほのぼのと楽しくなるような秘密がそこにはあります。

 和歌山県は、日本の国産梅の生産の6割を誇る県です。

 時は明治35年、梅農家の高田さんは、その梅の木のたくさんある中でも、とりわけ大きな果実をたわわに付ける木を発見しました。

 その木は「母樹」として大切に育てられ、後に「高田梅」と呼ばれるようになり、半世紀を経た昭和25年からの5年間の調査で最優秀品種として選ばれ、その調査研究に尽力したのが、和歌山県立南部高等学校の先生だったことから、その名を取って「南高梅」と命名されたそうです。

 南高校の梅という事ですね。

 何とも日本語は面白いもので、そうですか「南高梅」ですか、と二つ目の梅は土の色を鈍く放つ手作りの器にポトンと落とし、そこに焼酎、お湯の順番に注ぐと、梅は再びその香りを辺りに放ち、それをグビと舌にコロガシ、喉に送り込めば、脳は桃源郷(梅だけど)の地を彷徨うのでした。

投稿者: 税理士法人SETACS

2014.09.30更新

 日本に住む外国人女性が、「日本に来てびっくりしたモノランキング」をつらつらと眺めると、1位「音姫」、2、3位が自販とコンビニの多さと続き、4位「ウォシュレット」6位「トイレットペーパーの柔らかさ」と、トイレ関連のものが3つ入ります。

 1位の「音姫」は、大小関わらず「出る」瞬間に、「それ」とは違う音を出して、「その」音を他人に聞かせないようにするグッズで、この「お・も・て・な・し」の心は、確かに世界の誰もがびっくりするものだと思います。

 しかし4位と6位については、外国の皆さんには、ぜひに善処していただきたい、公共のトイレはぜひ「ウォシュレット」にしていただきたい、「トイレットペーパー」は引っ張っても千切れないで、恐る恐る拭かなくても痛くないように、柔らかくしてほしい。

 デリケートな部分を守ってほしい、と、つとに思うのでした、、、なんのこっちゃい。

投稿者: 税理士法人SETACS

2014.09.30更新

 中国のシャドーバンキング問題は、今までの中国の対応と違って、その事実を隠そうとはせず、むしろこれを利用して中国の現在の経済体質を根底から変える考えではないかとも言われています。

 一時的に経済破綻を迎える中国は国民の不満のはけ口を日本に向けるのではないか、これ以上ないくらい悪化している日中関係はさらに危機である。

 −2 もはやフランチャイズ化してしまったアルカイダは、シリア・イラクなどの中東、マリ・ソマリアなどのアフリカ諸国に10カ所のネットワークを置き、またアフガニスタン・パキスタンなどに7カ所の協力関係を置くようになりました。

 オバマ政権は、アメリカ大陸に吹き上がるシェールガスと中東よりも豊富と言われる石油埋蔵量で、中東への軍事プレゼンスは縮小の一途。

 その一方で、敵対関係にあったイランと急接近し、ロウハニ政権と核問題で暫定合意し「親友が突然、けんか相手といちゃつきだした」と中東の同盟国を怒らせるのは、中東が火種となる危機である。

 −3 サウジアラビアは、米国がイランと急接近したことに怒りと危機感を募らせ、今まで国交さえなかった隣国イスラエルと秘密協定を結んだ。

 これにより、イスラエルはアラブ世界で最も強力な資金力と政治力を持つサウジの支援を受けられるようになっただけではなく、サウジ領空を通過してイランを空爆することが可能になり、後は有事の際に、イランの地下深くにあるフォルドゥの核施設を攻撃できる重量14トンの地中貫通弾「バンカーバスター」(厚さ60メートルの岩をも貫く)がアメリカ空軍から届くのを待つばかり。

 米・イラン・イスラエル・サウジ、大変な危機である。

投稿者: 税理士法人SETACS

2014.09.30更新

 増税、社会保険料負担増へのカウントダウンが次から次へと鳴り響いています。

まずは今年4月に消費税が8%になり、予定通りだと201510月から10%。次に毎年10月には厚生年金保険料がアップし2017年には17.12%→18.182%になり、年収1000万円の家庭で30万円の負担増になります。

20151月からは相続税で基礎控除4割縮小、最高税率55%にアップ、贈与税も最高税率55%にアップ、相続税を支払う人は現在の100人亡くなって4人くらいのところが20人くらいまで増加し、まさに家庭の財政はアップアップの状態になります。

 そのかわりに、子育て負担はしますよという「子育て臨時給付金」は子供一人当たりに2014年中に1万円1回限り支給―――1回ですよ、低所得者に該当する人にも1万円と、あまりにも手薄い手当。

 自動車取得税は5%→3%で消費税10%になった時に廃止、軽自動車税は7200円→10800円、大企業の交際費は飲食費の50%は費用扱い、住宅ローン減税の拡大、、、というのを見てみますと、大きな買い物には減税、生活に必要なものには増税という明確な意志を感じます。

 なんでそうなるのかな安倍ちゃん。

投稿者: 税理士法人SETACS

2014.09.30更新

 イランと言えばペルシャ料理である。

 ペルシャ料理と言えば、チェロ・キャバーブである。

 チェロとはお米で、キャバーブは肉やひき肉を大きな金串に刺したりくっつけたりして焼いたものであります。

 ペルシャ料理は、スパイスを隠し味に使うことはなく、堂々と、まさになんら恥じることもなく、いやむしろ君が主役だと言わんばかりに、コリアンダー、パセリ、ミント、クレソンに香辛料をまぶす、マブスのです。そして、強烈な食べ物には、強烈な酒が合う。ということで、

 「アブサン」を飲むことにする。アブサンは、あたかも「歯磨き粉」のような爽快な薬草系リキュールで、ニガヨモギ、アニス、ウイキョウなどの複数のハーブ、スパイスが成分です。 

 さて、スパイス料理にはスパイス飲料をと考えたところまでは記憶がありますが、アブサンのアルコール度70%の「ダーイナマーイト」に脳をやられたようです。でもきっと飲んでいるときは幸せだったのだと思います。

 しかし、日本の地から、遥かペルシャの地を思うと、イランの法律では、アルコール類を「持つこと」「飲むこと」「作ること」が禁止されています。

 こんなに強烈なスパイスお肉を、お米とお水で食べるとは、遺憾千万、残念無念、酒池肉林。

 

投稿者: 税理士法人SETACS

2014.09.30更新

 最近、女性の方から、「素敵な男性を紹介していただきたい」という話を、時々依頼されますが、その素敵な男性は「あなたの目の前にいますよ」と最近伸びてきたあごひげを右手でなでつけながら心の中で思いますが、「ぐっ」とこらえます。

 そこで、世界の平均初婚年齢を調べてみると、1イギリス31.8歳、2ドイツ31.7歳、3フランス31.6歳、4イタリア、南アフリカ30.6歳、6日本29.7歳、、、世界で6番目の遅さなのですが、この数字にはもう少し深い秘密があります。

 キリスト教国では、簡単には離婚は認められず、例えばイギリス、フランス、イタリアなどの欧州のほとんどは協議離婚の制度はなく、すべて裁判所の手続きが必要です。

 ――ちなみに日本では、協議離婚と裁判所の命令による強制離婚があり、どうしても離婚に応じない彼にがいる場合には、それ相応の理由(暴力、浮気、別居)により離婚が認められます。――

 そうなると、欧米各国の女性も男性もその親御さんも結婚には慎重になるでしょうから、日本の女性の初婚年齢は世界の中でも遅い方だという事になるでしょう。私の周りには独身の男がうようよしていますが、その人たちは、「素敵」じゃないのでしょうか。きっとそうなのでしょう。

 ある女性は「素敵と思う男の人はみんな結婚している」とこぼします。

きっと、世の中、素敵な女性10人に対して、素敵な男0.5人の割合なのでしょう。合縁奇縁。

投稿者: 税理士法人SETACS

2014.09.30更新

 日本人の年齢別死亡率の1位が、1014歳「がん」、1535歳「自殺」、4089歳「がん」、9099歳「心疾患」とあります。

 9099歳の「心疾患」はまあそうなんだろうなあ、「心臓よ、お疲れさま」という感じですが、1535歳の「自殺」は大問題です。

 しかし、この大問題には今回は触れず、今日は「がん」は早期治療するのか、放置するのかという、1014歳、4089歳の大問題の「がん」の扱いについての対立に触れたいと思います。

 かたや、慶応大学医学部放射線科講師で「ガン放置療法」の近藤誠医師で、近藤医師によると、がんには、本物の「がん」と、偽物の「がんもどき」があり、本物の「がん」は発生直後から転移して、どんな治療をしても死に至る。偽物の「がんもどき」は転移する能力がなく命に別条がないので治療する必要がない、したがって、両方とも自覚症状がない(痛くないなら、という事か?)なら放置しておけば良いという理論です。

 一方、18年間診療所を営む在宅医療の論客である長尾医師は、500人以上の早期がんを見つけ完治した人は何人もいたという町医者としての経験を元に、「がん」と「がんもどき」の間にはグレーゾーンがあって、悪性になる前の「もどき」を早期治療すれば完治する。近藤医師のいる放射線科は「早期がん患者との接触がないので、そのことを知らないのでは」と言う。

 私的には長尾医師が正しいような気もするが、今の正常細胞も痛めつけてしまうような過酷な「がん治療」も辛い。

 門外漢の私にはよくわからないのですが、近藤医師はその正論か極論のせいか、同期で教授一番乗り間違いなしと言われたそうですが、講師のまま今春定年を迎えるそうです。頑固一徹。

投稿者: 税理士法人SETACS

2014.09.30更新

 1.アベノミクス男は日本をどこに導くのか

 日中間の悪化問題は、ダボス会議でも、イランvsサウジアラビアの対立と並ぶ、2014年最大の国際関係上のリスクとして捉えられた。

 安倍首相は、アジア地域での際限ない軍備拡張は抑制されるべきで、軍事予算は徹底的に透明化すべきだと、暗に中国を批判し、ここまでは「その通り」と「発」とわが膝を打ちましたが、さらには戦前の英独関係に状況が似ているとまで言及したことにより、「愕」とわが首(こうべ)を垂れました。

 それに対して、中国指導部の見解を反映していると言われる中国の大学の呉教授は、安倍首相を「トラブルメーカー」と位置づけ、北朝鮮の金正恩第一書記と同列扱いし、中、日、米のいずれもが戦争を起こす気はないものの「安倍政権の間は、中日間は凍結状態になる」と述べました。

 どう考えても、我々中小企業には、まだまだ波及してこないアベノミクス、、、安倍首相は我々日本人をどこに導こうとしているのか、暗雲低迷、一色触発。

 

投稿者: 税理士法人SETACS

税理士法人SETACS サービスの事・費用の事・経営の事、どんな事でも相談承っております。無料相談実施中 tel:03-6240-9780 〒101-0032 東京都千代田区岩本町2‐1‐17 プライムタワー岩本町2F 営業時間:平日 9:00~17:00 定休日:土曜、日曜・祝日
サービスの事・費用の事・経営の事、どんな事でも相談承っております。 Tel.03-6240-9780 創業融資サポート 税務顧問サービス 月々10,000円~ 決算代行サービス たくとブログ 林卓也の税を学ぼう T-FAX通信 役に立つ税務 役に立つかもしれない情報 facebookページ 経営マガジン WEBセミナー ビジネス書式書 相続税対策.com Dr.経営計画