2012.07.09更新

 先日、武士の情けで名前は言いませんがパスタのチェーン店に入りました。

 私と私の友人とその幼稚園の子供3人です。ランチは結構混んでいる店で、店員は皆ニキビ面の高校生と思しき子供たち。みんな入ってくるお客さんをマニュアル化したあいさつで迎えます。 最近はコンビニもそうですが、入店するといきなり「こんにちはー、いらっしゃいませ」とニコニコと親しげに迎えられます。

 この店は高校生ばかりと思われるので、愛想笑いは無理のようです。

 さて、注文をしてしばらくするとお料理が運ばれてきます。「お待たせしました、お子様ランチはどちらさまですか?」、うーん、おっさん二人とガキひとりだろ、見ればわかるだろ、と心の中で思いましたが、そこは私の子供と同じ高校生のやることしょうがないと諦めます。

 その後、飲み物が来ます。「アイスレモンティはどちらさまですか?ウーロン茶はどちらさまですか?」と聞かれ、「アイスティはこっちね」と答えると、「あっ、アイスレモンティを持ってきてしまいました」と言いながら去ろうとします。

 「いいんだよ、アイスティ頼んだんだから」、「でも伝票にはアイスレモンティと書いてあるので」と言う。「いいかい、アイスティもアイスレモンティも一緒だから、それを置いて行っていいのだよ」と私の息子が回りまわって怒られないように、静かに彼を諭します。

 そして、「そんなにマニュアル人間になっちゃうとユニクロの社長にはなれないよ」と、海鮮トマトパスタ大盛りを頬張りながら大人の説教をしました。がんばれ高校生よ、日本の未来に。

投稿者: 税理士法人SETACS

2012.07.09更新

 最近、あちこちの店で見かけるあのトンガリ帽子のような、大きなお猪口をひっくり返したようなあのタジン鍋はなぜあのような形状なのでしょうか。

 まあ中で蒸せるので具材である肉や野菜が柔らかくなり、野菜も小さくなるのでいっぱい食べられて健康であるのは、多分後から付けた理屈で、実はタジン鍋の発祥の地は北アフリカの国々で特にモロッコで多く使われていると言われています。

 この地方はそもそも飲料水になるべき水がなく、料理に水は使えない、そこで野菜から出る水分で料理をしてしまおうという発想です。

 人間はどんな環境の中でも頭を使えば生きていけるのですねえ、何とかこの時代、皆様の知恵と歴史で学んだ賢智で生きていきましょう。

投稿者: 税理士法人SETACS

税理士法人SETACS サービスの事・費用の事・経営の事、どんな事でも相談承っております。無料相談実施中 tel:03-6240-9780 〒101-0032 東京都千代田区岩本町2‐1‐17 プライムタワー岩本町2F 営業時間:平日 9:00~17:00 定休日:土曜、日曜・祝日
サービスの事・費用の事・経営の事、どんな事でも相談承っております。 Tel.03-6240-9780 創業融資サポート 税務顧問サービス 月々10,000円~ 決算代行サービス たくとブログ 林卓也の税を学ぼう T-FAX通信 役に立つ税務 役に立つかもしれない情報 facebookページ 経営マガジン WEBセミナー ビジネス書式書 相続税対策.com Dr.経営計画