2014.10.13更新



 アモンチリャドはスペイン産のシェリー酒の一種で花を充していないので色は濃く
ドライ味だ。

 いやそれはアモンチラードと呼ぶんだよと通の人は言うかもしれないが、「アモン
チリャドの樽」はエドガー・ポーの小説の題名なので、ここでは略してアモン酒と呼
ぶことにしましょう。

 ポーの小説では、酒好きの男に復讐をするために、なかなか手に入らないアモン酒
の樽が手に入ったので飲みに来ないかと誘い、酒好きの男はそんな因縁のある相手に
誘われたのに、さすが酒が好きなので誘われるがままに穴蔵に入っていく。

 しかし実際はアモン酒は手に入らずに男はボルドーのメドック、グラーヴとワイン
の銘酒を飲まされて酔っぱらったところで、お遊びでさ、という感じで岩に鉄の鎖で
縛り付けられ、その前に石を積みながら塗り込められていく。男は冗談だと思ってゲ
ラゲラ笑いながら生き埋めにされる。

 恐ろしい小説だが、酒好きとはこんなもんで、変わった酒があると言われるとつい
つい飲みにいってしまってひどい目に合うこともあります。

 話は違いますが、高校の修学旅行でお酒がなくなったので、ヘアトニックを水で
割って飲んでいたら、次の日の朝食時に吐いている奴がいて、私は学校側に酒を宿に
持ち込みあまつさえヘアトニックまで飲ませた首謀者と目され、停学になった苦い思
い出がある。

 ヘアトニックか、ヤバかったな死んでたかも。そんな風に大人は反省をしながら生
きていくのだ。

投稿者: 税理士法人SETACS

2014.10.13更新



 先日、若い女性と話していると、この女性は天才じゃないのかと思いましたね。

 日本人の誰もが知っている(たぶん)でしょうが、喜寿は「喜」の字を分解すると
『十七』の上に「七」が付いたような文字なので77歳。米寿は『米』の字を分解す
ると「八十八」になることから88歳。白寿は『百』の字の上の「一」を取ると
『白』の字になることから99歳ですね。

 そんなうんちくを語ろうと、「77歳、88歳、99歳を喜寿、米寿、白寿って言
うんだよね、知ってる?」と私が問いかけると、彼女は瞬時に「あっ、色ですね、黄
色と白の間がベージュかあ」「でもなんで真ん中だけ英語なんですか?」と言うでは
ありませんか。

「あっ!!このおんな、、、、」、私は飛び上がりましたね。

 まさに天才ですね、彼女の中では「黄寿、ベー寿、白寿」なのですね、「いや参り
ました、これからは私もそのような活用方法をさせていただきます」と師匠になって
もらい低頭いたしました。

 世の中永く生きていると、色々な経験ができるもので楽しいものです。

投稿者: 税理士法人SETACS

2014.10.13更新

 レシピと言えば、料理の食材リストや調理方法を記したものです。

 元々、レシピは英語で「recipe」で、医者が薬剤師に「「これらの薬を取り上げて調合せよ」と処方を指示する意味として使われていたのですが、174
0年くらいから「処方」「処方箋」の意味が派生して料理用語として使われるようになりました。

 料理のレシピは取り扱い自由で、酸っぱいのが好きであれば「酢小さじ1」を「酢小さじ2」

に、明日こそは元気になりたければ「ジャガイモ1個」を気合いを入れて「自然薯1個」に、スタミナを付けたければ「酒大さじ1」を蛮勇を奮って「ハブ酒大さ
じ1」に、子づくりのためにニンニクを欲したら「ニンニク一片」を「ニンニク1個」としてもいいのです(なんのこっちゃ)。

 会計も同じで、決算書を作成するにあたって「企業会計原則」なるものがあるのですが、これは法律で決められているのではなくて、あくまでも指針というかレシピ
なので、個々の会社に合った試算表や決算書を作成すればよいのです。

 今回はまじめな落ちになりましたが、ようやく暑い夏も終わりそうですね。よかった。

投稿者: 税理士法人SETACS

2014.10.13更新



 最近、お店などでの店員のセリフは会社のレシピ通りで一気呵成に説明をしてきます。

 「本日はようこそおいでいただきましてありがとうございます。お食指の後にコーヒーか紅茶がつきますがどちらにしますか」とだらだら言われるので「は
い?」と聞き返すと、「本日はようこそおいでいただきましてありがとうございます。お食指の後にコーヒーか紅茶がつきますがどちらにしますか」とまた同じことを真
顔で言ってきます。

 これは果たして「おもてなし」なのでしょうか?

 心の入ってない「おもいやり」のない「おもてなし」は果たして本当の「おもてなし」なのだろうか、言っている彼らは相当にストレスがたまっているようにも見え
ます。

 「おもてなし」に疲れ果てた彼らは、電車で老人に席を譲っているのだろうか、道で荷物を落としてばらまいてしまった人を助けているのだろうか(私は先日、自転
車で転んで荷物をばらけさせてしまった青年が自転車を起こすのを手こずっていたので、荷物を拾ってあげようと手を伸ばすと彼の荷物はすべてがエロビデオだったの
で、逡巡し彼の名誉のため手伝うのはやめました)。

 もちろんエロビデオでなく他のものであれば拾ってあげるし、お金ならばなおのことです。

 「おもてなし」はストレスがたまるけど「思いやり」はたまらないはず、なんか「エラソー」なことを言っていますが、日本の「おもてなし」、もう少し考えた方が
よいのでは。

投稿者: 税理士法人SETACS

2014.10.13更新

 

 

 浅草の街を飲み歩いていると、浅草は一見時間が止まったかのような装いを見せますが、古きも新しさもあり、スカイツリーも見えて、鯨も泥鰌も食べられて、洋食も食べられて、世界中からの人ごみと雑踏が押し寄せる不思議な街です。

 そんな不思議な街でも異彩を放つ通りが誰が付けたか「ホッピー通り」で、透明のビニールの入り口を持つ店がずらりと並んでいます。

 その中のお気に入りの店でニンニクの醤油漬けをつまみに飲んだ後に、空いていれば必ず行く中華料理屋があります。空いていれば行くとは、気まぐれ的に休んでいるときが多いように思います。

 そのお店でいつも必ず見る風景が、店主が従業員の彼を叱る場面です。

 料理を作るのは店主なので、彼は横で、チャーハンの注文が来ればお米と刻んだ野菜と卵を用意しなければならないのですが卵を忘れて叱られます、「いい加減に覚えろよ」と。

 「確かに、そうだな」、そう私はつぶやきます。

 私がこの店に来たのは大学生の頃なので、もうかれこれ30数年経っていますが、この店主と従業員の間柄は変わらずに時間が止まったかのような関係です。

 彼はいつもテンパっていて、この30年間ニコリとも笑ったところを見たことがありません。

ラーメンをお湯から出すときも、どんぶりを洗っているときも、一所懸命です。

 でも、彼の洗ったコップはネギの切れ端が付いていたり、彼の焼いた餃子は中身が出てしまっていたりで、また店主に怒られます。これでいいんだな、浅草は。

投稿者: 税理士法人SETACS

2014.10.13更新


 日本には世界の壁を破る力はありませんでしたが、いわゆる世界基準と言われる人たちのゴールを決める決定力は素晴らしいものがあり、肝心なところでは必ず決めてきますね。

 それよりも私がすごいと思うのは、身体の強さというか体幹力で、その身体の強い選手たちとぶつかりながら、頭をぶつけながら、蹴飛ばしあいながら90分走りまくる。

 それよりも何よりもすごいのは、ゴールを決めた後の同僚の選手の手荒い祝福で、ゴールをした選手肉かってバタバタと、あたかもピラニアがアマゾン川に落ちたバッファローに襲いかかるかのように凶暴に飛び上がり、倒し、その上に折り重なりあいます。

 死んじゃうな、それだけで。

 日ごろから、肩が凝った、膝が痛いと言っている私には信じられない光景です。

 ところで、日本がワールドカップで勝つための秘策としては、ロッペンもしくはネイマールに日本に帰化してもらうというのはいかがでしょうか?

 

 

投稿者: 税理士法人SETACS

2014.10.13更新

すき家に限らずですが、紅しょうがは食べないことをおすすめします。あれはもちろん中国産のものですが、カビがはえたり傷んでいても、あるクスリを入れるとたちまち美味しそうな紅しょうがになります。ちょっとやそっとでは腐らない無敵の紅しょうがのできあがり。()食べ物屋なのに、こーゆーことで良いんでしょうかね!

私(林)も学生の頃、八百屋でバイトをしてその隣の肉屋が古くなった肉に「魔法の粉」を振りかけて茶色の肉が鮮やかな赤い肉に変化するのを目の当たりにしています。

 いやー、これを読んでからどこの牛丼屋でもしょうがは食べられなくなりました。こわいこわい。

投稿者: 税理士法人SETACS

2014.10.13更新

 

 前回、ゼンショーのブラック企業ぶりの話を書いたところこんな告発がありました。

私は三人兄弟の一番上ですが、弟が二人います。一番下の弟がまさにゼンショー社員でして。今は○○県におります。どうやらゼンショーは一気に300人と言う大規模な人数で人が3月にやめていきました。それは社長と会長の意見が合わなかったことがすべてのようですね。社長の方針がメチャメチャだったわけで。

弟は○○県の数店舗をみているエリアマネージャーですが、どんどん辞めていく人の対応に追われて自分もワンオペしながら周りも見なきゃいけないという地獄のような生活で、もちろん家族はほったらかしになるので、1歳児と1ヶ月にもならない乳飲み子はママチャン一人でみるはめに。

弟も1日22時間労働にもなり頭が少しへんになっておかしいのが現状のようです。車のなかで寝泊まりなんてザラです。よって、会社の経費の精算もする時間がなく、2ヶ月以内に精算できないと無効になってしまうのは、もう馬車馬のように働いてる側からしたら諦めるしかない状況にもなりますね。なんのために働いてるのか。

力のあったときは、吉野やの近くに店舗を建て、吉野や潰しをしてましたが、今や自爆してますもんね。ちなみに、うちの弟の同期は300人以上だか入社して丸二年ですが、もう今では三人しか残っていないそうです。

なんか、すごいですねー。投稿ありがとうございました。弟さん、人生、がんばってください。

 

投稿者: 税理士法人SETACS

2014.10.13更新

  チャゲ&飛鳥の歌はカラオケでも何回も歌わせてもらったので、逮捕は「ショック」でもあり、「そうか、そういうものなのか」という感もあります。

 今や暴対法で公共事業や金融業から締め出された裏の世界の人たちにとっては、注射痕の残らない「アブリ」の格好の供給先になってしまったか芸能界、という感もあります。

 飛鳥が逮捕前に「アンナカはパウダー状で、覚せい剤は結晶なので違いがある」といったことを話していましたが、最近の麻薬は尿検査にも引っかからない「MEDUSA」という麻薬も出回っていて、粒子が細かく、砂糖のような白い粉末状なので通称「パウダー」と呼ばれています。

 逮捕されて、刑務所から出所すると、売人が待ち構えていて売ってくるそうですから、何回も逮捕される人もたくさんいます。

 飛鳥よ、もう「アブリに行かないでくれよな」とファンと一緒に「SAY YES」。

投稿者: 税理士法人SETACS

2014.10.13更新

 

 

  牛丼のつゆだくって、なんかご飯がべちょべちょで美味しくないような気がしますが、卵を割りいれつと美味しくぐちょぐちょに食べられますね。なんて話はどうでもよいのですが、今回はすき家が大変なことになっているという話です。

すき家の社長は、1978年に吉野家に入社するも、吉野家倒産により、1982年に仲間3人で弁当屋「ゼンショー」を立ち上げ成功し、その後、怒涛のM&Aで「なか卯」「ココス」「ジョリーパスタ」「華屋与兵衛」を子会社に治めました。

 その本体である「すき屋」で店員たちの反乱による人手不足閉店が起きているようです。

 もともと「ワンオペレーション」という深夜に店員1人で働くシステム、通称「地獄のワンオペ」という制度があり、深夜に一人なので強盗も頻発していました。

 そこに、今回の消費税アップで、吉野家、松屋との激しい客の奪い合いで、吉野家の鍋メニューに追随して、2月に「牛すき鍋定食」などの鍋のメニューを3種類投入したものの、その仕込み、提供にとてつもない手間がかかり、そもそもギリギリの人数で働かされていたバイトたちが怒り、ネット上に「面倒くさいから品切れって言ってやろう」とか「鍋のせいで掃除もできない」などと書き込み、「一気にバイトやめちゃおう」ということになり、3月には人手不足で閉店する店が相次いだのです。 そんなこんなで、4月から「パワーアップリニュアル中」という、かなり苦しい垂れ幕の下がった閉店の店が増えたのです。

 「なか卯」のうどんもグチャグチャに柔らかいので、こちらも何か理由があるのかもしれないと思いつつ、そんな作り置きのうどん出してないで、がんばってよ「なか卯」。

投稿者: 税理士法人SETACS

前へ
税理士法人SETACS サービスの事・費用の事・経営の事、どんな事でも相談承っております。無料相談実施中 tel:03-6240-9780 〒101-0032 東京都千代田区岩本町2‐1‐17 プライムタワー岩本町2F 営業時間:平日 9:00~17:00 定休日:土曜、日曜・祝日
サービスの事・費用の事・経営の事、どんな事でも相談承っております。 Tel.03-6240-9780 創業融資サポート 税務顧問サービス 月々10,000円~ 決算代行サービス たくとブログ 林卓也の税を学ぼう T-FAX通信 役に立つ税務 役に立つかもしれない情報 facebookページ 経営マガジン WEBセミナー ビジネス書式書 相続税対策.com Dr.経営計画