2012.03.23更新

 どうやらプロ野球は横浜DeNAで落ち着いたようですが、DeNAがプロ野球機構に認められるまでには「楽天」があちこちで反対をしていたようです。

 なぜ楽天はこうも反対をしたのか、本音としては多分「同業排除」なのでしょうが、建前としては「モバゲーは青少年犯罪の温床」である、お互いの年齢の確認ができないのだからユーザー同士のメールのやり取りが未成年者の援助交際につながっているとの指摘をしてきました。

 果たしてこの指摘は正しいのか、なぜなら楽天も今更ながら閉鎖するとは言っていますが、モバゲーと同じようなシステムである「前略プロフィール」というサイトを立ち上げているし、楽天球団オーナーは「ソクミル」という「熟女」「巨乳」といった過激な文字と写真が満載の日本有数のアダルトサイト会社の取締役までやっているそうです。

 このままではプロ野球はリーグこそ違いますが、目くそと鼻くその戦いとなってしまいます。

 こうなったら球場で踊ったり走り回ったり踊ったりバク中をする球団マスコットを巨乳熟女にしてしまってはいかがなものでしょうか、、、なんてね、、、観客が増えたりして。

投稿者: 税理士法人SETACS

2012.03.23更新

  中国漁船が違法漁業で韓国側に拿捕される際に抵抗し、逆に韓国船員を刺して死亡させてしまいましたが、どうやら中国政府は「遺憾の意」を表明はしましたが謝罪はしませんでした。

 思い起こすと、日本の海上保安船も中国漁船に衝突されましたが、謝罪どころか「尖閣諸島は中国領土だ」と開き直られ、日本の歌手岡本真夜さんの曲もどう考えても同じ旋律なのですが中国の作曲家は自分で考えたと開き直り、ディズニーランドもどきのミッキーマウスにそっくりのミッキーマウスは「我が国のミッキーは、ネズミではなく耳の大きな猫」だと、言った本人が意識したかしないかは不明ですが、大爆笑トークで開き直ってしまいました。

 なぜ中国は謝罪しないのか、

 そもそも中国には「中華思想」という「中国大陸を制する者は世界を制する」というかなり自分勝手な論理があり、ということは世界で一番偉いのは中国なので下々の者たちには「謝罪」をしないのは当然だという概念が底を流れているのではないかというのがある専門家の考え方です。

 それに比べて、人が良いのか頭が弱いのかすぐに「謝罪」してしまう日本の弱腰外交が、レアメタルを外交手段に使い、北朝鮮と唯一話ができるのは中国だぞと北朝鮮さえも外交に使う中国に敵うわけがありません。

 北朝鮮のトップが亡くなった後もこの影響力は続くのでしょう。

 ともかくも日中がフレンドになるためには、相手を出し抜くくらいじゃないと中国という国は日本を認めないで甘く見てくるでしょうから、日本外務省も出し抜かれるだけでなく、何とか頑張ってこれからは出し抜いてもらいたいものだと切に考えるものであります。

投稿者: 税理士法人SETACS

税理士法人SETACS サービスの事・費用の事・経営の事、どんな事でも相談承っております。無料相談実施中 tel:03-6240-9780 〒101-0032 東京都千代田区岩本町2‐1‐17 プライムタワー岩本町2F 営業時間:平日 9:00~17:00 定休日:土曜、日曜・祝日
サービスの事・費用の事・経営の事、どんな事でも相談承っております。 Tel.03-6240-9780 創業融資サポート 税務顧問サービス 月々10,000円~ 決算代行サービス たくとブログ 林卓也の税を学ぼう T-FAX通信 役に立つ税務 役に立つかもしれない情報 facebookページ 経営マガジン WEBセミナー ビジネス書式書 相続税対策.com Dr.経営計画