2016.07.12更新


 お盆も終わり、法要のことを考えてみると、日本人はインドにも中国にもない発想があります。
 人は亡くなると、初七日で三途の川に着き、そこから7日ごとに7回、閻魔大王ほか10王から、生前の行いに対して裁きを受けます(うぐっ)。
 7回目となる四十九日で来世の行き先が決まるので(どきっ)、残された家族は故人が極楽浄土に行けるように法要をし、その後、一周忌、三回忌、七回忌、・・・と、残された家族は極楽浄土に行った故人がさらなる精進ができるように法要し、三十三回忌目に故人は長い修行を終え菩薩の道に入り「ご先祖様」となると言いますから、死んでから32年間も修行をしなければなりません。
なんとも大変な人生(?)ですが、生きているうちに「何とか楽しく生きていこう」と今回は禅問答のような結論となりました。最後とはなりましたが 閻魔大王様、「なにとぞ、、、なにとぞ」。

投稿者: 税理士法人SETACS

2016.07.12更新

 現在の日本のいわゆる「安全で快適なサービスの行き届いた」生活は、将来の少子高齢化・人口減少・返済しなければならない政府の借金・資源元々なしといった薄氷の上というか、水面のわずかに膨らんだ表面張力によって支えられていると言ってもいいのでしょう。
 そんな中、多分わけのわからないまま民主党が推し進めて、14年10月に名古屋議定書として採択された「生物多様性条約」は、日本にとっては過酷な条約ではないでしょうか。
 地球上には3千万種の多様な生物が存在し、これらの生物多様性が人間が生まれる遥か前40億年の歳月をかけての活動により、地球は、食料、石油、石炭、森林などによる水質浄化、自然の景観の美しさ、太陽と植物の光合成による酸素供給などなどを人間に供給してくれました。
 その中の遺伝資源(遺伝の機能を備えた生物由来の素材)を供給する国が、受益国に利益配分を求めることができるようになるのがこの条約で、例えばインドネシアの熱帯雨林で発見された薬草で日本の製薬会社が新薬を開発したとすると、その新薬の売上で得た利益の一部を日本はインドネシアに支払うことになったり、ゴムの供給国ブラジルに対してブリジストンのタイヤの売上に応じた利益の一部を日本はブラジル政府に支払わなければいけないかもしれないのです。
 日本の遺伝資源利用の80%が中国由来のものと言われており、日本の製薬メーカーはその調達先を中国から国内へのシフトに必死だそうですが、批准そのものをやめればよいのでは?

 

投稿者: 税理士法人SETACS

税理士法人SETACS サービスの事・費用の事・経営の事、どんな事でも相談承っております。無料相談実施中 tel:03-6240-9780 〒101-0032 東京都千代田区岩本町2‐1‐17 プライムタワー岩本町2F 営業時間:平日 9:00~17:00 定休日:土曜、日曜・祝日
サービスの事・費用の事・経営の事、どんな事でも相談承っております。 Tel.03-6240-9780 創業融資サポート 税務顧問サービス 月々10,000円~ 決算代行サービス たくとブログ 林卓也の税を学ぼう T-FAX通信 役に立つ税務 役に立つかもしれない情報 facebookページ 経営マガジン WEBセミナー ビジネス書式書 相続税対策.com Dr.経営計画