2013.01.26更新

 以前、何かのパーティである政治家が挨拶で政治家の大切なものは「1に体力、2に肝臓、3、4がなくて、5に心臓」と言っていたことをこの通信でも書きましたが、この意味は何回も祭や冠婚葬祭に出席する体力、何回もお酒を乾杯する肝臓、呼ばれなくても結婚式に出席する心臓が必要とのことです。

今回の、某議員の厚かましさはこれを上回るもので、この議員は妻を含めた1週間の冠婚葬祭平均が80件に及び、スーツのポケットには、白と黒のネクタイ、手袋、数珠、ハサミが入っているそうです。

ハサミ、、、?、、、何と、呼ばれもしない「テープカット」に出席するときに「チョキではテープは切れないぜ」ということだそうです、すごいですね、皆さん見習ってくださいね。

投稿者: 税理士法人SETACS

2013.01.21更新

 とまあ書いてきたわけでありますが、日本の財政赤字がここまで膨れてくると、どう考えても今の若者たちが1000兆円近くの借金を鬼のように働き天狗のように税金を払えることもないでしょうから、借金を返せるわけもなく、そうなると遅かれ早かれハイパーインフレで貯蓄、年金は一旦パーになり、国の借金は無くなるが、高齢者のこれから死ぬまで生きていくための術もなくなります。

そうなると強いのは、元々貯蓄も年金をもらう権利もなかった若者たちで、一度築いた財産が自分が何も悪いことも失敗もしていないのに失った高齢者はどんなに経験があろうと言語能力があろうと、復活できるのはわずかな人たちとなります。

国はこんな全体の40%を占める高齢者を抱えて、首都直下型地震などにも備えなくてはいけないし、歩道橋も地下通路も高齢者向きではないし、歩行者用信号の1メートル1秒で歩く設定は早すぎるし、大勝軒のラーメンは麺が多すぎるしスープも脂っこいし、吉野家の牛丼は早く出すぎるし、駅の蕎麦なんかは立って食べなければいけない。

このようなことを市井に謙虚に住む一国民として考えてみても、体の中から焦燥感がじわじわと滲み出してくる思いなのですが、政治家は全く焦っても憂慮もしていないように見えます。

やはり政治家の引退後の年金は廃止して、国民年金に加入させなければ問題は解決しないのでしょう。

投稿者: 税理士法人SETACS

税理士法人SETACS サービスの事・費用の事・経営の事、どんな事でも相談承っております。無料相談実施中 tel:03-6240-9780 〒101-0032 東京都千代田区岩本町2‐1‐17 プライムタワー岩本町2F 営業時間:平日 9:00~17:00 定休日:土曜、日曜・祝日
サービスの事・費用の事・経営の事、どんな事でも相談承っております。 Tel.03-6240-9780 創業融資サポート 税務顧問サービス 月々10,000円~ 決算代行サービス たくとブログ 林卓也の税を学ぼう T-FAX通信 役に立つ税務 役に立つかもしれない情報 facebookページ 経営マガジン WEBセミナー ビジネス書式書 相続税対策.com Dr.経営計画