2014.10.13更新

  中国のロビー活動のすごいところは、選挙の無い国なのに選挙のことをよく知っていることです。

 というのは、日本の対米外交というと「何と言っても大統領」で、歴代米大統領に日本の歴代首相が個人的にも仲良くなろうと、その外交活動の全てを1点に絞っているように見えます。

 実は、アメリカはその政策決定には大統領だけでなく議員がものすごい力を持っています。

その議員たちの人生で一番大切なことは次回選挙での再選であり、そうなるためには自分の選挙区へのアピールが必至であることを、中国はよくよく心得ているようです。

だからこそ中国は大統領だけではなく、議員たちとも頻繁に交流を深め、その議員の選挙区まで訪問して、その議員の地元で売りたい物を中国政府や中国企業で大量に買い付けたり、その選挙区に中国企業の工場を誘致したりすることをするのです。

選挙の無い国なのに、選挙事情通なのです、すごいですね。

それだけではなく、中国と韓国はアメリカの有力大学に寄付口座を作って、学生で中国や韓国の政治経済を研究する人たちに自国に有意義になる情報を発信する形を固めています。

日本の外交は中国に対抗できるのか、アントニオ猪木でいいのか。

投稿者: 税理士法人SETACS

2014.10.13更新


 ハワイでホームレスが増えていることが話題になっています。

「どうしてこんなに増えたのかって?」と地元の人たちがまことしやかに語るのは、アメリカ本土で国がホームレスに「ハワイは暖かくていいぞ、果物だっていっぱい生ってるよ」とワンウェイ・チケットを渡し、ハワイへの引越しを奨励しているということです。

 それと似たような話が日本でも出ていまして、2010年から15年間の75歳以上の高齢者人口増加率トップの埼玉県(2倍)や75歳以上の人口増加数75万人の東京都などで田舎に老人を捨てようという計画が画策されています。

 例えば、杉並で特別養護老人ホーム待機者を南伊豆町の廃園になった施設に移そうとしたりして、迎える方も地元の雇用が増えるとして歓迎しているようです。

 世界では、日本が人類の歴史でも未曾有の高齢化と人口減少にどんな手を打つかを注目しています。ここで日本が世界に対してサプライズを見せないと、どんなアベノミクス政策を発表しようとも、これから人が減ったうえに高齢者ばかりが増えていく日本には誰も投資はしないでしょう。

 それなのにこの「棄民」とも言える、都市老人の田舎への投棄的政策はいかがなものかと思いますが、どうなのでしょうか、デンデラでいいのか。

投稿者: 税理士法人SETACS

2014.10.13更新

 

 

 中国経済減速中といわれている中、中国国内では車の売れ行きが好調らしい。と言っても、中国ブランドの車が売れているのではなく、日本車、ドイツ車が売れているのです。

 というのも、中国ブランド車はしょっちゅう故障はするし修理も遅い「いくら安くても二度と買わない」し、さらにあまりに深刻な大気汚染の影響を懸念した中国政府が排気ガス規制のために、自動車の新規登録台数に上限を設けたので、中国ブランド車は対抗ができなくなったのです。

 また問題は、この登録権の落札価格が高騰し、上海ではすでに1122万円を超えました。

 北京ではまだ無料なので抽選に応募が殺到し、約2万枚の割り当てに223万人を超えてしまい、当選率は何と1%未満という低さ。

 だけどそこはさすが中国で、他人名義のナンバーを貸し出す闇取引商法も考え出され、月23万円で取引されているようです。

 何はともあれ、日本にRM2.5、RM10などの影響がないようにしていただきたい。

 

投稿者: 税理士法人SETACS

税理士法人SETACS サービスの事・費用の事・経営の事、どんな事でも相談承っております。無料相談実施中 tel:03-6240-9780 〒101-0032 東京都千代田区岩本町2‐1‐17 プライムタワー岩本町2F 営業時間:平日 9:00~17:00 定休日:土曜、日曜・祝日
サービスの事・費用の事・経営の事、どんな事でも相談承っております。 Tel.03-6240-9780 創業融資サポート 税務顧問サービス 月々10,000円~ 決算代行サービス たくとブログ 林卓也の税を学ぼう T-FAX通信 役に立つ税務 役に立つかもしれない情報 facebookページ 経営マガジン WEBセミナー ビジネス書式書 相続税対策.com Dr.経営計画