2011.10.31更新

 ギリシャ発の負のドミノ倒しは、世界同時不況に苦しむ世界各国を揺さぶり、サブプライムローンとリーマンショックをいまだに引きずるアメリカのボディを打ち、富める国と貧する国が一緒になってしまってただでさえ倒れそうなユーロ加盟国をなぎ倒し、円高・膨らみ続ける借金・国債の格下げ・起きてしまった震災とこれから起こるかもしれない震災への心の揺らぎ等々に弱り切った日本を叩き潰しかねない状況になっています。

 これを無策の政治家に頼ってもしょうがないので、民間は知恵を絞ることになります。

 「未来への知恵は過去に学べ」ということで、過去の景気のサイクルを見ることにしましょう。

 フランスの経済学者ジュグラーさんは、経済活動を行うための設備投資は7~10年ごとに行われることが多いため、物価や金融の利子率も7~10年周期で大きく変動すると言います。

 この周期による景気変動を見越して長期計画を立てる大企業が多いので、中小企業もその辺が戦略の立てどころになるかもしれません。

 またアメリカの経済学者キチンさんは、景気がよくなると企業は在庫を満杯にし、景気が悪くなると在庫を空にしていくということに注目し、40か月(3~4年)の周期で景気が上がったり下がったりしていると言います。

 こんな不確実な時代だから、このような周期は今の世界には当てはまらないのかもしれませんが、過去の右往左往した経済状況の中でもこの周期は確実に繰り返されているそうなのです。

 この周期を信じるか信じないかがこれからの我々の運命を決めるのかもしれませんね。

投稿者: 税理士法人SETACS

2011.10.31更新

 あまり聞きなれないのですが、「ナンピン」なる言葉がこの世にはあります。

 株やギャンブルをやる人にはなじみ深い(?)響きで、しかも過去の悲しい思いでさえも自らの胸を去来する言葉なのでしょう。

 意味は、自分の買った株が値下がりしたら、その株をどんどんと買い増していって、株の平均コストを下げていく手口のことです。

 最初に買ったのが1000株500円で50万円、株が下がって300円の時点で1000株買って30万円、これで平均の買値が40万円になるので、今の株価30万円が40万円になれば元が取れるというものです。これを値が下がるたびに繰り返していくのです。

 相場が反転すると大儲けできるのですが、世の流れに逆らっているわけですから下がっていく株を買い続ける資力がなければ大損の可能性があります。

 これは原発問題以来、急落していく東電株をどんどんと買っていくようなものです。安定した高配当で銀行の利息よりも魅力的だった東電株を持っているのはほとんどが善良な一般国民と推測されますので、このような冒険はできないでしょう、

 そもそも「ナンピン」は「難平」で「難(損)」を均すという、米相場の隠語です。

 かの遊里島原でも「ナンピン」は使われ、客のつかない大夫は客のつく大夫との平均で成り立っているのにえばっているなどの句を西鶴も読んだようです。

 今の日本のトップは、「菅」ですが、値が上がるような人材が上にいないので、仕方がないと「菅」の下の人材を買い続けて「カンピン」したら無能さが平均化し、誰でも良くなっていくのか、うーん、日本の未来は一体どうなってしまうのでしょうか。

投稿者: 税理士法人SETACS

2011.10.30更新

3月11日から3月、4月の日本の消費の冷えは目を覆うものがあり、ホテル、デパート、レストランは高級も一般も変わることなくガラガラで、テレビのコマーシャルは無くなり、新聞の広告欄も「がんばろうにっぽん」の文字で埋まり、雑誌の休刊は200以上で、廃刊も20冊以上になり、特に飲食店の落ち込みはすさまじく、1/5の客足であればまだいい方でした。

 街がそんな景気だから、社内留保が多額にある大企業はまだ余裕がありますが、中小企業の塗炭の苦しみは増すばかりです。

 そんな中、中小企業が実に助かったのが、パワーシャベル並みに自分の考えを通す亀井静香が金融大臣の頃の置き土産である「借入金の条件変更=返済期間を延ばしてくれる」です。

 多くの中小企業がこの法案により助かり、また震災に遇ってしまった企業を助けもするでしょう。

 で、終われば皆万々歳ですが、そうはいかないのは銀行で、「借入金を返済できない企業または人に対して、金融機関は強引に貸しはがすのではなく、ちゃんと相談に乗って返済スケジュールの変更をするように」と法案は言っているのに、今や、この「条件変更」をした企業にはじわりじわりと貸しはがしの脅威が襲いかかってき、 今まで割っていた手形を割らない、毎年同じ時期に見直してきた貸付を今回はしない、「潰れてもしょうがないな、震災もあったし」という感じで中小企業をいじめてきます。こうなったら小沢一郎も含めてブルトーザー並みの強引政治家が表舞台を出したほうが良いのでは。

投稿者: 税理士法人SETACS

税理士法人SETACS サービスの事・費用の事・経営の事、どんな事でも相談承っております。無料相談実施中 tel:03-6240-9780 〒101-0032 東京都千代田区岩本町2‐1‐17 プライムタワー岩本町2F 営業時間:平日 9:00~17:00 定休日:土曜、日曜・祝日
サービスの事・費用の事・経営の事、どんな事でも相談承っております。 Tel.03-6240-9780 創業融資サポート 税務顧問サービス 月々10,000円~ 決算代行サービス たくとブログ 林卓也の税を学ぼう T-FAX通信 役に立つ税務 役に立つかもしれない情報 facebookページ 経営マガジン WEBセミナー ビジネス書式書 相続税対策.com Dr.経営計画