2012.02.27更新

  11月8日にオリンパスは不可解な巨額企業買収の使途不明金1400億円が、実は
過去の投資の失敗による損失を隠していて、その穴埋めに使われたことを嫌々ながら
も発表しました。

 その粉飾スキームは、企業を買収する際によく使われるものであるが、その粉飾自
体は相当に頭が切れ、各方面への複雑な人脈があるような人でなくては出来ないとい
うものだそうです。

 このスキームについてかみついたのが前社長のウッドフォード氏なのですが、この
スキームを知ったのはたぶん社長になる前の取締役時代と言われています。というこ
とは、その時にこの件について告発できたわけで、なぜわざわざ社長になるのを待っ
てやったのか。

 世間では大組織を告発した英雄のように言われていますが、この告発は果たしてそ
の時間差攻撃的にも正義であったのかどうかは、はなはだ疑問が残るものでありま
す。

 ちなみに、この粉飾スキームを考えた人物は、元野村証券マンで今は独立して投資
顧問業をやっているY氏と言われています。Y氏の羽振りは大したもので、Y氏の神
保町の事務所には何本ものロマネ・コンティが並んでいるらしいということです。

 オリンパスの損失隠しのお金はあちらこちらにばら撒かれているようですね。

投稿者: 税理士法人SETACS

2012.02.25更新

 

 イギリスがユーロ崩壊危機を懸念して、ユーロ圏内各国の英国大使館に対して、銀
行預金封鎖などがあった場合などに引き起こされるであろう暴動、社会混乱事態に備
えて自国民保護の対策をするよう指示をしました。

 なんか他人事のようですがそれもそのはず、イギリスはEU加盟国でありながらEUの
共通貨幣であるユーロを導入することはせず相変わらずの自国通貨であるポンドを
使っています。

 ユーロ圏のイタリア、フランスそして世界最強と言われたドイツの国債までもが売
れ残ってしまい、英国政府はユーロ崩壊がもうそこまでに来ていることを予測し、そ
うなるとユーロ圏の経済規模が半分にまでなってしまうのではないかということを懸
念しているようです。

 一見すると、英国だけは助かろうというこの英国政府の姿勢は果たして正義なの
か、はなはだ疑問なのですが、いかがなものなのでしょうか。          

投稿者: 税理士法人SETACS

税理士法人SETACS サービスの事・費用の事・経営の事、どんな事でも相談承っております。無料相談実施中 tel:03-6240-9780 〒101-0032 東京都千代田区岩本町2‐1‐17 プライムタワー岩本町2F 営業時間:平日 9:00~17:00 定休日:土曜、日曜・祝日
サービスの事・費用の事・経営の事、どんな事でも相談承っております。 Tel.03-6240-9780 創業融資サポート 税務顧問サービス 月々10,000円~ 決算代行サービス たくとブログ 林卓也の税を学ぼう T-FAX通信 役に立つ税務 役に立つかもしれない情報 facebookページ 経営マガジン WEBセミナー ビジネス書式書 相続税対策.com Dr.経営計画